ポジティブ思考/思考修復/うつ一覧

パワハラやモラハラは、精神や感情に激しい影響を与えます。

そのようなとき、どうすればよいでしょうか?

私たちの生活は、思考によって大きく変わります。

肯定的な思考パターンを自分の頭のなかに書き込んでいくことによって、ネガティブな感情に打ち勝つことができます。

状況を変えることができないときは思考を変えるよう努力しましょう。

諦めないなら、必ず変化があります。

職場の人間関係が疲れる!そのストレスの原因は自動思考かも

職場の人間関係に疲れを感じてきたら自動思考を疑ってみましょう。状況に対する考えを一つに絞らずほかの可能性がないか考える習慣を持つと気分の落ち込みを防ぐことができストレスが軽減されます。

うつってそもそも何?人はなぜうつになるの?うつは治せる?

ストレスの多い今の時代、うつ病を患う人が年々増えています。しかし自分がうつかどうかよく分からないという方もいます。うつの症状とは?うつになったら人の思考はどうなるのでしょうか?どうやって治すのでしょうか?

転職活動者や失業者、専業主婦はうつになりやすいってホント?

転職活動をしている人、失業中の人、専業主婦を選んだ人それぞれの中には、仕事がある一定期間できなくなったことによってうつ的な症状を訴える人がいます。なぜそうなりやすいのか探ってみましょう。

職場のパワハラ上司のせいでうつ発症!休職の仕方とうつの治し方

職場でパワハラに遭っても簡単に転職できないことがあります。そんなときは休職できないかどうかを考えましょう。パワハラが原因でうつ症状が出て休職したい場合、どのような手順を踏めばいいでしょうか?

部署は自分一人だけ、仕事中体が重い、うつっぽい・・と思ったら

部署に自分一人だけですべての責任が自分に回ってくるような仕事をしているなら、遅かれ早かれ体にいろいろな症状が出てきます。それを無視するなら本当にうつになる可能性が高くなるので早急に対処しましょう。

浮気した夫が一方的に離婚。頭が混乱しうつ症状に悩んでいるなら

結婚している女性にとって夫の浮気と離婚は最大級のストレスです。浮気が分かった時にはバカにされ離婚を突きつけられることもあります。数年経っても未だに心の傷が癒やされないという人は少なくありません。

パワハラモラハラに遭っても自己否定に負けず心を強く持てる方法

ハラスメントに遭っているとき自己嫌悪にならないよう助けてくれるものとは?ハラスメントという過酷な状況に面していても自己否定しないで幸福でいることは可能です。「心のもちよう」によって生活は大きく変わります。

上司の理不尽なパワハラを受けても自分を責めてはいけない

人から批判されると「自分ができていないから」と悩み「自分がちゃんとしていれば」と思ってしまいます。この考え方はパワハラによります。上司のパワハラからどうやって自分を守るかを考えます。

職場のモラハラ怖い。仕事を辞めたいと思ったときは・・・

パワハラやモラハラを受けている職場に向かうのはとても大変なことです。そんな苦しい状況の中で毎日職場に向かっている人は本当に勇気のある人です。苦しい気持ちを少しでも楽にする方法をご説明します。

すぐ怒る夫のモラハラ治らないなら一人で悩まずカウンセリングを

夫のモラハラがひどく、どうしても治らない場合、どのように対処できるでしょうか。 モラハラを受けているある主婦の悩み 結婚前はあんなに熱情的にアプローチしてきたのに、結婚したらこれまでのは何?というぐらい、180度態度が変わってし...

自尊心ボロボロ!パワハラやモラハラによる心の傷を癒す方法

日常生活で定常的にモラハラを受け続けると心の傷はどんどん深くなり、自尊心がむしばまれ、時にはうつを発症します。そうならないためにモラハラを受けても幸福感を保った人たちからその秘訣を学びましょう。

モラハラによる人格否定で自己否定感からうつになりそうなら

多くの人がモラハラによる人格否定を経験しています。不快な経験を回避することがほぼ不可能な場合、人は無気力になり精神的に不安定になります。考えを変えることによって違う反応を出せるようになります。

佐野仁美さんのピアノ弾き語り

多分ほとんどの人が知らないと思いますが、今日YouTubeを見ていて、きれいな歌声を聴きましたので、ここにアップします。 まだ十代の女の子ですが、こうやって自分を表現している子を見ると、元気をもらいますね。 ひこうき雲(カバー)...

過去に囚われない生き方をする

自分の人生が思い描いたものと違うと感じている人は大勢います。それは仕事上のミスかもしれません。身についてしまった良くない習慣が原因かもしれません。将来を変えるため今できることがあります。

自分の仕事から満足感や充足感を感じるには

今の時代、自分の仕事に満足できている人は、ほとんどいません。 何かしらの不満を感じて仕事をしています。 「実は、こんな仕事に就く予定ではなかったのに...」「今の仕事で自分の才能を無駄にしたくない...」などなど。 そこで...