モラハラ/家庭

家族のあり方が危機的な状態です。家庭内暴力、児童虐待、離婚率の上昇など。家庭の崩壊は社会の崩壊とも言われますが、反対に家庭の安定は社会の安定とも言えます。一人ひとりができることはたくさんあります。

夫のイライラを鎮める?幸せホルモン「セロトニン」の作り方

幸せホルモンと言われるセロトニン。セロトニンが少なくなると人はイライラして怒りっぽくなります。セロトニンの原料となるのがトリプトファンと呼ばれるアミノ酸。これを増やすには食物の力が必要です。夫がイライラするのは今食べているものが関係しているかもしれません。

会話が少ないなど夫婦関係の悪さは子どもの感情的精神的発育に悪影響

夫婦関係の悪さは子どもを不安にさせ、子どもの感情的・精神的成長に大きな影響を与えます。会話が少ないのは致命的です。もし夫もしくは妻との関係がうまくいっていないと思っているなら今すぐ改善を図りましょう。

夫が実はDV夫だった女性に対して周りの人ができること

DVを受けていることを人に話すのは勇気がいることです。もしあなたがその話を聞く側になったならどのような対応をすれば彼女を傷つけることなく助けることができますか?どうすれば聞く側も精神的ストレスを抱えないですむでしょうか?

【モラハラ夫卒業】怒ってご飯を食べないのは幼稚すぎるのでやめよう

夫婦喧嘩をしたあとや機嫌が悪いとき、奥さんが作ったご飯を食べない夫がいます。自分の権威を誇示しているのかもしれませんが、食べないことで本当にダメージを与えられるのでしょうか?夫が本当はすべきことは何でしょうか?

新婚だけど結婚したら夫への気持ちが冷めたってならないための会話作り

新婚なのに夫に冷めた、「もうここ数ヶ月会話していない」という夫婦は少なくありません。性格の不一致、相手への無関心で離婚する夫婦もたくさんいますが、結婚後もずっと仲良くいるために何を話題にすればいいでしょうか?

子どもに自制心を教えるには?自制心のない子どもはどうなる?

子どもには子どもの好きなことをさせたい、この考えに基づいて一つの育て方として子どもの好き勝手にさせることが受け入れられている風潮があります。そのような育て方は将来苦しい結果を生むことが少なくありません。子どもには自制心をもたせましょう。

【モラハラ夫卒業】もし妻がインフルエンザになったらどうする?

インフルエンザが流行っています。もし奥さんがインフルエンザで倒れたらモラハラ夫はどうしますか?どんな言葉をかけてあげることができますか?できることを具体的にお伝えします。

【モラハラ夫卒業】モラハラは治らないってホント?

モラハラは治らないと一般的に言われます。しかしモラハラを直したいと思っている男性が少なくないのも事実です。どのようなアプローチをすれば改善が図れるか考えてみましょう。

ヒーロータイプのアダルトチルドレンを夫に持つと家庭はどうなる?

ヒーロータイプのアダルトチルドレンは頼もしい存在とされています。しかし家族を持つようになるとどんな悩みや弊害が出てくるでしょうか?ヒーロータイプの夫の特性を見てみましょう。

【モラハラ夫卒業】妻を支配しない夫になる

多くの男性は家庭を持つと家族の中で自分が一番偉くなんでも決められるとカン違いしてしまいます。しかし実際はそうではなく、あらゆることを妻と相談しながら決定すべきです。どのように妻と協働できるか考えましょう。

俳優A氏のルーティンは本当にモラハラに当たるのか

俳優A氏の離婚は彼が妻に課したルーティンが原因とされモラハラと言われています。モラハラとは何か、彼のルーティンがなぜモラハラと言われてしまうのか、本当にモラハラに当たるのか検討してみましょう。

思い通りにならないとキレる旦那が言うことを聞くようになる方法

思い通りにならないとすぐに怒る旦那があなたの言うことを聞くようになる方法があるでしょうか?旦那を怒らせないで今しないほうが得・今したら損という気持ちを持たせるための上手な伝え方をご紹介します。

結婚してから後悔しないためには付き合っている時の見極めが大事

結婚式はゴールではなくスタートです。結婚してからの生活が現実です。"フィールングが合う"だけでは不十分です。結婚してから「こんなはずじゃなかったのに」と後悔する前に付き合っている間に相手の良さ悪さをしっかり見きわめましょう。

突然夫からの浮気告白。離婚しないと決めたがこの後どうしたら?

浮気や不倫を繰り返していた夫からその事実を告白されたなら、妻にとってその衝撃は言葉では言い表すことはできませんが、もし離婚しないと決めたならどのように夫婦として信頼の回復を図れるでしょうか?

共働き家庭は家事を分担すべきか?夫が家族のためにできること

生活にかかる費用は増える一方です。共働きの家庭では夫が家事を行なうことがますます重要になっています。家事は女性がするものという古い概念を捨て、一家の大黒柱として家族のために何ができるかを考えみましょう。