すぐキレる旦那にムカつく。モラハラ夫がやるべき2つのこと

patience-and-thanks
なぜ旦那はすぐにキレるのか?

自己表現が苦手なだけなのか?

突然暴言を吐く、暴力的になる、そんなすぐキレるモラハラ夫がやるべき2つのことがあります。

スポンサーリンク

自己表現が苦手なだけ?

ある人は怒りを爆発させる原因に、自分のことをうまく言葉で表現できないためと説明します。

確かに、そういう一面もあるでしょう。

言葉数が少なかったり、説明能力があまりなかったりすると、相手に自分の意図が正しく伝わらず、結果としてイライラが募り、激しい言葉や手が出ることがあるかもしれません。

しかし、たとえそうだとしても、それが暴言を吐いてもいい、暴力を振るってもいいということにはなりません。

すぐにキレてしまうモラハラ夫には、改善すべきところがあります。

すぐに怒るモラハラ夫は我慢を学ぶべき

patience-and-thanks-3
モラハラをする人間の成長背景を考えてみましょう。

子ども時代に親の甘やかし・過保護を受けた場合、大人になっても同じ傾向を表わしやすい、という調査結果があります。

  • 欲しい物をすぐに与え、子どもが嫌がることをさせなかった。
  • 家庭ののルールがあってないようなものだった。ルール違反しても何の罰則も与えなかった。
  • 失敗しても親が尻拭いをしてきた。子どもに挫折感を感じさせないように育てた。
  • どんなに子どもが悪くても、他人のせいにしてきた。
  • 努力することの価値を教えなかった。

子どもの言うことを何でも聞いてあげることが「良い」親と勘違いしていたのでしょう。

挫折感に対処することを学ばなかった子どもは、大人になっても自分の気が収まるまで怒り続けます。

それも当然です。解決方法として怒ることしか知らないのですから。

結婚には”したくてもできない”ことが付きものです。

ですから、結婚後に急に態度が変わる男性がいるのもうなずけます。

自分のしたいことができないという感覚に堪えられないのす。

親との関係

親との関係から分かることがたくさんあります。

・息子の言うことは何でも聞いてしまう親でしょうか?
・彼の実家に帰ると、親は息子のために何でもしようとするでしょうか?
・息子可愛がりが言行に表われているでしょうか?

息子第一主義の親に育てられたあなたの夫にとって、怒ることは、人を自分の思うどおりにさせるための常套手段なのです。

子どもの時にしていたことを、そのまま、あなたにもしているのです。

できること

妻に必要なのは、毅然とした態度、明確な基準です。

家族にとって不利益となる行動を、大目に見てはいけません。

たとえ夫が怒るとしても、それを認めてはなりません。

認めてしまうなら、さらに多くの面倒を背負いこむことになります。

すぐに怒るモラハラ夫は妻に感謝すべき

patience-and-thanks-4
子どもの時に感謝することを学んだ人は、親切心のある大人になります。

すぐに怒るモラハラ夫は、感謝の心が育っていません。

感謝の心が育たない原因は「我慢する」の項目で挙げたものと同じです。

甘やかされて育った人は、利己的になります。

夫の日ごろの行動は?

夫の日ごろの言動は、どのようなものですか?

・妻がしている料理や洗濯、掃除などに感謝しているでしょうか?
・食後の後片付けや洗濯物の取り入れなどを、進んで手伝ってくれるでしょうか?

感謝は言葉だけでなく、行動にも表われます。

できること

感謝の表現が少ないと感じるなら、二人きりで話し合いましょう。

くつろいだ気分の時に、日ごろの感謝を表わしつつ、平和な家庭を作るためにできることは何か、話し合ってみましょう。

「我慢の心」と「感謝の心」は、人として、当然表わすべきべきものですから、変化すべきなのは、モラハラをしている夫です。

夫の行動を観察してみて、我慢や感謝が足りないと感じるなら、今度怒られても、「夫がこんなにも怒るのは自分が悪いから」と思う必要はありません。

STM-夫婦が変わる
(30分の無料視聴サンプルあり)


Pick Up

モラハラ夫の離婚回避は可能?夫婦仲改善の時間はまだある?
家の中で定常的にモラハラを繰り返す夫がいます。意識的なモラハラは論外ですが、自分の言動が相手を傷つけていることに単に気づいていない場合もあります。ここでは、そういう変化する余地がまだ残されている夫が、離婚の危機を回避するために今やっておくべきことを考えます。
モラハラ夫や毒親と共依存の関係になっていませんか?
モラハラ夫や毒親と共依存関係にハマっている人は、相手の要求や欲求に自分を合わせすぎて、自分の必要や本来受けても良いものさえ犠牲にします。この関係からの脱却は簡単ではありません。共依存について分かりやすくご説明します。
スポンサーリンク

シェアに感謝します

フォローありがとうございます

スポンサーリンク