家族に怒りをぶつけない!すぐに怒る人のストレスはどう解消する?

家族に怒りをぶちまけるのは、モラルハラスメントの一種です。

モラルハラスメント(モラハラ)は、端的にいうと家庭内暴力です。

DVは体にアザができたり怪我をしたりで目に見える証拠がありますが、モラハラは傷が残りません。

それは心を攻撃するからです。

しかし、その傷は非常に深くトラウマになることもしばしばです。

家族に怒りをぶちまける原因はいくつか考えられますが、その一つがストレスです。

ストレスを上手に解消する方法があるでしょうか?

deal-with-stress

スポンサーリンク

消極的な考えをなくす

ストレスが増える原因の一つは、いろいろと考えすぎてしまうことです。

例えば問題が発生したとき、最悪のケースばかり考える人がいます。

最悪のケースというのは、ほぼ自分の能力では手の施しようがないものなので自然とストレスが高まります。

そのストレスのはけ口に家族が攻撃されます。

将来に備えることは大切ですが、大事なのは今日一日をどう生きるかです。

「明日は明日の風が吹く」というのは至言です。

明日のことは明日考えましょう。

時間にゆとりを持つ

生活が忙しすぎるとあれもこれもとなってしまい、焦りと苛立ちが一気に上昇します。

自分の生活スタイルを見直してみましょう。

どんなに忙しい生活を送っていても、自分のための時間を必ず取るようにします。

私たちは《回し車の中のハムスター》ではありません。

一番よいのは、仕事にかける時間を減らすことです。

仕事の量を減らせば時間にゆとりができます。

「そんなことをしたら生活レベルが下がる」といわれる方がいます。

生活レベルが下がったとしても、もっと大切なのは家族との平和、穏やかな空間ではないでしょうか?

実際、多くの子どもはお金よりあなたという個人の時間を与えてほしいと思っています。

それが子どもの本音です。

それをないがしろにするので、大きくなったときに言うことを聞いれてくれない子どもになるのです。

今では、相当数の人が生活レベルを少し下げてでも時間に余裕のあるライフスタイルを実践しています。

どうしても仕事を減らすことができないなら、支出を減らしましょう。

例えば外食する回数を減らす、最新のものにすぐに飛びつかないなど。

支出をよく計算して、極力クレジットカードで買い物をしないのも有効な手です。

負債を抱えるといらいらが増えます。

負債のない生活を送るよう、今から計画的に生活しましょう。

職場の対人関係を改善する

ストレスの一番の原因は、職場での人間関係かもしれません。

頭の固い上司、言うことを理解しない部下など、職場でうまくやっていくのは非常に大変です。

どうすれば職場の人間関係を改善できるでしょうか?

すぐに怒らない

職場で怒鳴られたり、気に障ることを言われたりするのは日常茶飯事です。

そうすると言わなくてもいいことも口走ってしまうかもしれません。

後悔するようなことを言わないようにするためにも、一呼吸置きゆっくり話すようにしましょう。

「自分は決して怒らない」という目標を立てるなら、ずっと自分を制しやすくなります。

一旦その場を離れるのも効果的です。

感情を静めてから話すようにします。

いさかいは相手と二人だけで解決する

いさかいが生じたとき、相手の悪口を同僚や友人に話したくなるのは自然なことですが、それは絶対に問題を複雑にします。

ふたりだけで話し合う場を設けるようにしましょう。

もちろん、自分から相手に近づくのは勇気がいります。

特に自分に非がないと思っているなら、なおさらです。

しかしふたりだけで話し合うなら、誤解は解きやすくなり関係は修復しやすくなります。

相手の身になって考える

ときどき職場の人の言動が荒れているときがあります。

その矛先が自分に向けられることもあります。

そのときは、じっと我慢してその嵐が過ぎ行くのを待ちましょう。

「今日はたまたま調子が悪いんだな」と思えば、耐えやすくなります。

家族のために何かをする

家族のために、家の中で働けばストレスを解消できます。

「自分は会社で働いている」といいたくなるかもしれませんが、家の中で働くのも一家の主の大切な仕事です。

どんな小さなことでもかまいません。

例えば食べた後食器を洗う、洗濯物を干すのを手伝う、感謝する(花をあげるとか)etc.

こうしたことをすれば、あなたに対する家族の見方が確実に変わります。

夫・父親として、家族からの尊敬を得られます

実はこれこそ、家族のために働いている理由ではないでしょうか?

家族のために進んで何かをすると、とても幸せな気持ちになります。

今日から実践してみてください。

ストレスが本当になくなりますよ。

photo by Christopher.Michel

deal-with-stress2

ストレス社会を生き抜くのは大変です。

でも家族を傷つけることなくストレスは解消できます。