マリハラいらない!結婚せずとも人生を楽んでいる独身女性

いろいろな理由がありますが「結婚が幸せのカギ」とは思えない今、結婚に魅力を感じない女性が増えています。そんな彼女たちに対するマリッジハラスメントも後を絶ちません。今は結婚しないという選択肢を選んでいる独身女性が人生を楽んでいる方法をご紹介します。

働き方改革!労災問題になる長時間労働・過労死から幸せ労働へーカンブリア

ブラックからホワイトへ!"働き方革命"最前線(カンブリア宮殿)。過労死という言葉を聞いて久しくなりますが、いまだ長時間労働はなくなりません。働き方を変えて業績もUPさせた企業に注目します。

転職先にベンチャー企業は将来不安定?こういう人が向いている

ベンチャー企業のイメージって人それぞれですね。ベンチャー企業で働くのに向いている人向いていない人っているのでしょうか?いまは考えていないとしても、どんな人材がベンチャー企業に合っているのか知っておくと将来の転職活動に役立ちます。

未経験からITエンジニアならエンジニアスクール-求人倍率(17年8月)

2017年8月の求人倍率を見るとIT業界の動きが依然活発です。未経験からITエンジニアを目指すにはITスクールに受講するのが有利です。無料でスキルを身に付けることができ、就職・転職もサポートしてくれる転職エージェントを利用しましょう。

転職してはいけない転職に失敗し後悔する人の三大欠点と改善方法

転職してはいけない人の3つの特徴とその改善点とは?転職者は年々増加していますが、転職してから後悔する人が後を絶ちません。後悔する人の中には、転職すれば必ず失敗するのに転職してしまった人がいます。

地域密着型ハウスキーパーのタスカジなら専業主婦でも高時給

子どもが学校に行ってる間にパートしたいならタスカジのハウスキーパーが理想的。地域密着型で高時給。子育て中の多くの女性がフルタイムの職場復帰をあきらめ、主婦業を続けておられます。子育ても一段落したので、効率よく稼ぐことのできるパートの仕事があればよいのに、と思っているそんな主婦の願いをかなえる会社があります。

ハピネス派遣会社と評判のリツアンSTCからIT/NW構築できるPM緊急募集(長期)

リツアンSTCからの緊急案件です。IT/NW構築できるPM(給与52万以上)。リツアンSTCはエンジニア派遣会社で、非常にユニークな経営理念を持っています。いまの派遣会社に不満や疑念のあるエンジニアの方はハピネス企業リツアンSTCへ。

第二新卒は失敗できない!UZUZでインフラエンジニアへ

UZUZ(ウズウズ)に行こう。第二新卒いまフリーターでもITインフラエンジニアになれる。20代というまだまだ人生を諦めるには早すぎる若い世代は、自分を活かせる機会がたくさんあります。自分という人間の伸びしろを信じて、もう一度チャレンジしてみましょう。

名古屋市付近の主婦ならスーパーレジ打ちで時給千円以上

スーパーに行くと、必ず最後にお世話になるレジ係の人たち。彼らは、一体どれくらいの時給・給料で働いているのでしょうか。実に、時給が1,000円以上、多いところでは1,500円というのもあります。名古屋のレジ店員は高給取り?!

特集!旅館?リゾート?工場?夫婦やカップルで住み込みの仕事求人

人生の楽しみ方は人それぞれです。外国で生活する資金を貯めるため、開業資金のため、入学・留学資金のため、海外旅行のため、車の免許を取るためなど、それぞれの理由でお金を貯めやすい住み込みができる寮完備の仕事に就いています。夫婦やカップルで仕事ができる寮完備の短期や長期の仕事をまとめてみました。

転職の書類選考通らない!通過率が高い人は職歴書の書き方が違う

採用担当者も納得の書類選考通過率を上げる履歴書・職務経歴書の書き方とは?何度応募しても落ちてしまい、メンタルがやられてしまっていますか?転職活動の最初の難関、書類選考の通過率を上げる方法を紹介。

派遣から中途採用の正社員の転職は今がチャンス-求人倍率(17年7月)

2017年下半期、年末までは売り手市場が続きます。2017年7月の求人倍率から見る転職しやすい業種・職種は何でしょうか。派遣で働いている方は中途採用の正社員を目指しましょう。

転職してすぐ転職すると次が難しい?自分の市場価値が下がる?

念願かなって転職したものの、もう次の転職を考えていますか。なぜそうなってしまったのでしょうか?キャリアアップや年収アップを図って転職したものの、現実に直面し対応しきれていない人がたくさんいます。

職場の人間関係に疲れた30代女性の賢い転職方法

30代女性の転職で大切なのは自分の市場価値をどれだけ知っているかです。今いる職場で人間関係などのトラブルがあるなら転職の二文字が頭をよぎるかもしれません。今の経験やスキルに自信を持って転職できる武器を再確認しましょう。

アカハラで山形大の学生が自殺していたという事件を考える

山形大生がアカハラを苦に自殺しました。人材を育てるべき教育現場で指導者自身がその芽を摘んでいるというのは、とても情けないことです。指導者がやるべきことと学生ができることを考えます。