職場で起きうるハラスメント21種類 これだけは気をつけよう

(2017年7月4日更新)今回は、代表的なものから「えっ、そんなものまで」というものまで、一挙に、21種類のハラスメントをご紹介します。自分がその被害者、または加害者になっていないか、確かめてみましょう。

外で働けないシンママに障がい者支援団体が在宅ワークを提供

シングルマザーの中には、外に働きに行きたくても、それができないと感じている人もいます。 そのため、在宅での仕事をいろいろ探しているかもしれません。 しかし現実は、内職的な仕事が多く、それで食べていけるかというと、無理なケースがほ...

シングルマザーなら申請しておきたい児童扶養手当やその他の手当

ここ数年の間に、モラハラは離婚の主要理由となりました。 最近では、モラハラはDVの一種という見方もなされていて、これからますます、これを理由とする離婚は増えていきます。 ただ現実の問題として、離婚後、すぐ対処しないといけない...

キレやすい夫にどう対処? セロトニンが増える食習慣を実践してみる

普段は普通なのに、何か気に障ることがあると急にキレる、そんな夫が増えています。どうしようもないと諦める前に、彼の食習慣や生活習慣を、一度見なおしてみるのはいかがでしょうか?

モラハラによる自己都合退職を会社都合退職に変更する

失業中、生活ができるかどうかが一番の気がかりです。モラハラさえ受けてなければ、という気持ちも沸き起こります。退職する前に、自己都合退職から会社都合退職への変更を考えてみましょう。

解雇より便利?リスハラ・モラハラで自己都合退職に追い込む企業が増えている

会社にとって不都合、不必要と思う労働者をやめさせる手段としてモラハラが横行しています。解雇ではなく、自己都合退職に追い込んでいます。モラハラによる理不尽な退職の実態を取り上げます。

モラハラ夫は一昔前の亭主関白なお父さんと一緒なのか

昭和の時代、大抵どの家庭のお父さんも、多かれ少なかれ、亭主関白だったような気がします。 いつ頃からか、そのような表現を聞かなくなりました。 その後、出てきたのがモラハラ夫という言い方です。 モラハラ夫は、昔の亭主関...

モラハラ介護の実態 あなたの親は大丈夫?

先月、神戸のある訪問介護事業所が処分を受けました。参考記事 DV、虐待、モラハラ・・。こうした問題がよく取り上げられます。 ほとんどの介護施設で利用者は大切に扱われています。ここで取り上げるのはごく一部の粗悪な介護現場です。...

モラハラ夫は妻が何も言わない相手だと分かるとそれに乗じる

モラハラ夫は妻が何も言わない相手だと分かると、モラハラ夫はそれに付け入ります。 ですから、黙ったままでいては、何も解決しません。 いじめっ子の心理 子どもの頃、よくいじられていた子がいました。 その子はいつも黙って下...

モラハラ対処-夫婦げんかを止めるため言い方を変える

夫婦の間で意見が衝突するのは避けられません。それを夫婦げんかにまで発展させないためにすべきことはなんでしょうか?

職場でモラハラ的な人とうまくやっていくには

明らかなモラハラ行為ではないけれども、かなりグレーゾーンな行動をする人が職場には結構います。そんなモラハラ的な人とうまくやっていく方法を3つ取り上げます。

モラハラ男が嫉妬深い夫・彼氏になる原因とその対処

嫉妬というのはすべて悪いものと思われがちですが、実際はそうではありません。 正しい嫉妬というものも、実はあります。 例えば夫もしくは妻が浮気をしたら怒る、これも嫉妬の一種ですが、当然自分に向けられるべきはずの愛情を他の誰かに示し...

モラハラによって傷ついた心を癒すために

日常生活で定常的にモラハラを受け続けると心に深い傷を負い自尊心がむしばまれ、時にはうつを発症します。モラハラを受けても幸福感を保ち続けた人たちから秘訣を学びましょう。

モラハラによって自分はダメな人間だと思わされているなら

多くの人が、モラハラによって、自己否定を余儀なくされています。不快な経験を回避することがほぼ不可能な場合、人は無気力になり、精神的情緒的な不安定が引き起こされます。自分の考えを変える努力をすることによって、以前とは違う反応を示せるようになります。

モラハラのない家庭を作るためにできることー男性(夫)編

最近、モラハラに悩む家庭が増えています。モラハラは自動的にはなくなりません。モラハラを誘発している原因を除いて、家族のそれぞれが、自分の役割をきちんと果たすことが必要です。この記事では、夫である男性が、家庭のために何ができるかを説明します。