職場の上司や同僚からのパーソナルハラスメント(パーハラ)に対処する


パーハラハラスメント(パーハラ)が職場で問題になっています。

パーハラとは何でしょうか?

どんなパーハラがありますか?

なぜパーハラが起きるのでしょうか?

どう対処できますか?

こうした点を考えてみましょう。

スポンサーリンク

パーハラの本質はいじめと同じ

パーソナルハラスメントとは外見やクセなど、その人個人の特徴をいじることです。

自分が気にしている部分をいじられることで気を良くする人はいません。

多くの人は自分が気にしているところをいじられても、それを気にしていることを知られたくないため、気にしていない素振りをする、もしくはそのイジりに合わせます。

そんなことを気にしているなんて小さい人間だな、と思われるかもしれないからです。

そう思われるほうがイヤです。

しかしイジりを放っておくと、遅かれ早かれ周りの人もそのイジりに乗っかり始めます。

イジることがその場の一種の空気のようになってしまい、それを壊すのは「空気の読めないやつ」ということになります。

ここまで来ると、「イジるのをやめてください」と言うことは本当に難しいでしょう。

よくあるイジりがあだ名を付けることです。

髪の毛のこと、名前のこと、筋肉がない、体が細いなどの身体的特徴や性的体験のことさえあだ名に使われます。

取引先にそのあだ名で紹介されることもあります。

そうしたことが毎日のようにあると、そこでの仕事が辛くなります。

イジりはコミュニケーションの一種と思っている人が少なくありませんが、実際はハラスメントであり、いじめと本質は何ら変わりありません。

なぜパーハラは起きるのか?

パーハラはなぜ起きるのでしょうか?

それはパーハラ加害者が自分より劣っていると思える人に対して自分の優位性を確保するためです。

その状況を確認するための作業とも言えます。

ですから、パーハラ加害者の上司がたとえ頭の毛が薄かったとしても「ハゲさん、おはようございます」などと言うことはないでしょう。

自分の優位性がほとんどないことが初めから分かっているからです。

パーハラは、パーハラ加害者が自分より下だと思う人に対して行なわれます。

もしあなたがある人からパーハラを受けているなら、「この人は自分のことを下だと思っているんだな」と考えても差し支えありません。

あなたに対する尊敬の気持ち、尊重の気持ちを持っているなら、関係を壊したくないのであなたの嫌がることは決してしないでしょう。

パーハラ加害者は次のことを考えてみるとよいかもしれません。

お互いに知り合ってかなり時間も経つ外国の人からいつも会う度に「やぁ日本人、こんにちは」と言われたら嬉しい気持ちになるでしょうか?

「日本人、君はどう思う?」「日本人、今日はどこでご飯を食べる?」と言われ続けたらどうでしょうか?

「確かに日本人だけど、なんで自分の名前で呼んでくれないんだ」と不快感を持つはずです。

そこに相手からの敬意を感じることができるでしょうか?

パーハラを嫌がる人の気持ちはそのようなものです。

どうすればパーハラをやめさせられるか?

相手の言動を制御することはほとんど不可能かもしれません。

しかしそれでもやはり自分にとって快適な職場を確保するためには、時にはっきりと自分の気持ちを相手に伝えることが大切です。

後になればなるほど言いにくくなるので、パーハラと感じ始めた時に「あまりそういうこと言われるのは好きじゃないんでやめてもらってもいいですか」と言えたらいいですね。

相手は軽い気持ちで言っている分、こっちが強い反応を示すと「気にしすぎだろ」とかえって相手の反感を生みやすいので、口調は厳しすぎないように、しかし意味はきちんと伝わるように言いたいことをはっきりと言うようにしましょう。

それでもパーハラがなくならなかったり余計にひどくなったりするなら、そんな人を人して尊重できない職場には見切りをつけてもよいのかもしれません。

それが仕事の生産性に大きな影響を与えているなら、なおさらそうです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク