パワハラにおすすめのICボイスレコーダーやペン型カメラ


人は生来平和的であり、争いを好みません。

穏やかな雰囲気に心地よさを感じます。

しかしハラスメントは、人が正当に得てよいものを奪います。

私たちは、ハラスメントに嫌悪感を覚えますが、なぜそうなのか、まずその理由を考えてみましょう。

スポンサーリンク

正義感という番人

私たちには、正義感が備わっています。

政治家の汚職、理不尽な凶悪事件、貧しい人たちに対する搾取、こうしたことを見聞きしたとき、憤りを感じます。

これは、不公正を目にしたときの自然な反応です。

私たちは公正を求め、不公正がない状態を期待します。

この感覚があるおかげで、自分に対する不公正に対し、声を上げることができます。

正義感は、他人が断りもなく、土足で自分の中に入ってきたとき、それを追い出すための番人のようなものです。

パワハラやセクハラ、モラハラは、精神的・性的な侵害です。

他人が何の断りもなく、土足で入り込んでくる行為であり、それに嫌悪感をもって然るべきです。

抵抗すること、反応することは極めて自然なことで、批判されるべきではありません。

正義感が強い人ほど、自分に対するこれらの不当な扱いに強い反応を示すでしょう。

しかし、自分の中に勝手に入って来ようとする、これらの侵害行為がずっと続くと、被害者側にある変化が生じます。

ハラスメントを受け続けると、人はどうなるか

パワハラやセクハラ、モラハラを受けたときの最初の反応は、理不尽さであり、何かしらの抵抗を表わすでしょう。

ただし、当面それを逃れることができない状況に追い込まれると、脳は「何をやっても無駄だ」と判断し、ハラスメントに順応することを学ぶようになります。

そうしたほうが、ストレスが少ないと判断するのです。

しかしそれは、自らが望んだ選択ではないため、やる気は奪われ、無気力感が生活全体に表われます

また、ストレスの原因となっているものが、自分よりも強い立場にあり、抵抗・反抗することが事実上不可能な場合 、うつなどの情緒的混乱が生じます

多くの場合、加害者は被害者が自分よりも弱く、反抗しないと計算して行動しています。

ハラスメント加害者のほとんどは、確信犯です。

ですから、職場でハラスメントを受け続ける環境にいる被害者が、無気力感やうつに悩まされるのは、当然といえば当然です。

そうだとしても、「もう何もできない、何も変えることはできない」とあきらめてしまうと、そこで終わってしまいます。

「何をやっても無駄」ではない!

「何をやっても無駄なんだ」という思考を変えるようにしてください。

人は自分が置かれている状況が最悪に思えても、何かができると分かれば、力を取り戻し、頑張る勇気が出てきます。

では、何ができるでしょうか。

記録に取る

自分が受けているハラスメントを記録しましょう。

これを自分の仕事と思うこともできます。

その記録は、将来不正を立証するための重要な武器になります。

毎日苦しい思いをしているだけなんて、人生が余りにも勿体ないです。

いつかの日のために、しっかり記録してください。

ノートに書いておきましょう。

電話がかかってきたなら、録音することを忘れないようにしましょう。

現場を記録することもできます。

今では、相手に気付かれずに使える小型のボイスレコーダーやペン型カメラなどがあります。

こうした記録は、客観的に自分の状況を見つめなおす機会ともなります。

言われて当然、と思っていたことが、実は非常に理不尽であることに気づかされます

この「気づき」こそ大切なのです

変えることができないと思っていた状況を、自分の手で変えてください。

あなたは、必ず自分の人生を自分の手に取り戻すことができます。

パワハラに苦しむ人が
しんどいから抜け出す方法