モラハラによる自己都合退職を会社都合退職に変更する

morahara-retirement2-m1
失業中、生活ができるかどうかが一番気がかりのはずです。

次の就職先が見つかるだろうか、見つからなかったらどうしよう、眠れない日々が続くかもしれません。

モラハラさえ受けてなければ、という気持ちも沸き起こります。

そうした不安を減らせる一つの方法があります。

スポンサーリンク

自己都合退職から会社都合退職へ

自己都合退職を会社都合退職に変更できると、給付金を受け取れる時期や期間にかなりの差が生まれます。

自己都合退職による失業保険の時期と期間

資格があると判断されると、もらうことができる失業保険の給付金。

自己都合で退職した人は、ほとんどが一般受給資格者という区分に分けられます。

給付金は、7日間の待機期間+3ヶ月の給付制限があるため、4ヶ月後にようやくもらえます。

もしこの期間、仕事が見つからなければ、貯金を切り崩して生活しなければなりません。

受給できる期間は、90日から最大で150日です。

自己都合退職のままで本当によいの?

モラハラ被害で自ら退職願いを出した場合、会社は離職票に「自己都合退職」と書くでしょう。

しかし、実際は会社での理不尽ないじめが原因で、退職は不本意であったはずです。

ハローワークは、そういう人のために、モラハラによる退職者を「会社都合退職」者とみなすようにしています。

会社都合退職とは

会社都合退職とは、会社側の責任で離職を余儀なくされる退職です。

例えば、倒産、解雇、退職勧奨、賃金未払い・サービス残業による退職などです。

こうした理由で退職した人を、ハローワークは「特定受給資格者」と区分します。

モラハラはその対象になる?

モラハラによる退職者は、その対象となるのでしょうか?

ハローワークに答えてもらいましょう。特定受給資格者の範囲

第2条第9項を見ると、答えがあります。(以下は引用文)

「上司、 同僚等からの故意の排斥又は著しい冷遇若しくは嫌がらせを受けたことによって離職した者及び事業主が職場におけるセクシュアルハラスメントの事実を把握していながら、雇用管理上の措置を講じなかったことにより離職した者 」

モラハラによる退職者は特定受給資格者になると、はっきり記されています。

モラハラによる退職は、自ら退職を願い出たものだったとしても、ハローワークが会社都合退職として処理してくれるケースの一つなのです。

ハローワークで事実を説明し、事実確認がなされると「特定受給資格者」と認定されます。

特定受給資格者が受け取る給付金の時期と期間

特定受給資格者とみなされると、一般受給資格者のように3ヶ月の給付制限はなく、7日間の待機期間のあと、すぐに給付金を受け取れるようになります。

期間は、90日から最大で330日です。

会社都合退職にするために

会社都合退職にする場合、退職届は出しません。求められても出しません。

退職届は、自主都合退職のときに出すものだからです。

しかし、会社側からどうしても書くよう求められたら、「一身上の理由で」とは書かず、会社での処遇ゆえの退職だと、はっきり明記したものを提出します。

退職する前に

会社側は、それでも離職票に「自己都合退職」と書くかもしれません。

ですから、会社をやめる前に証拠を手に入れておく必要があります。

自分がされたことを日記に付けておく、録音や録画を取っておく、などです。

パワハラにおすすめのICボイスレコーダーやペン型カメラ
私たちはハラスメントに嫌悪感を覚えます。ずっと続くかのように思えるハラスメントにどう対処しますか。職場のパワハラやモラハラにおすすめのボイスレコーダーとペン型カメラを紹介!

ハローワークにて

会社が離職票に記載した退職理由が「自己都合退職」の場合、ハローワークにて異議申し立てを行ないます。

この時、退職前に記録しておいた証拠があれば、話を有利に進めることができるはずです。

総合労働相談コーナーへの相談も考えておく

会社側との話し合いがうまく進まないなら、総合労働相談コーナーに相談してみます。

都道府県労働局、各労働基準監督署内、駅近隣の建物などに総合労働相談コーナーが設置されています。

厚生労働省のサイトを見て、自分の住んでいるところではどこに設置場所があるかを確認してください。
総合労働相談の所在地


Pick Up

書類選考通過率ってどれ位?履歴書や職歴書の書き方で変わる
採用担当者も納得の書類選考通過率を上げる履歴書・職務経歴書の書き方とは?何度応募しても落ちてしまい、メンタルがやられてしまっていますか?転職活動の最初の難関、書類選考の通過率を上げる方法を紹介。
リストラで退職必須ですか?リスハラには転職エージェントのワークポート
リストラハラスメントに遭って退職を迫られていますか?今いる職場を辞める前に、次の転職先を決めておきましょう。まずは転職エージェントに登録するところから始めてください。
スポンサーリンク

シェアに感謝します

フォローありがとうございます

スポンサーリンク