【モラハラ職場】辞めたくてもなかなか転職できない理由とは


職場でモラハラに遭っているならすぐにでも辞めて転職すればいいのに…自分ならすぐに辞める、という人がほとんどでしょう。

しかしモラハラに遭っていても、多くの人がなかなか転職に踏み切れません。

あなたもその一人でしょうか?

転職になかなか踏み切れない理由を探ってみましょう。

スポンサーリンク

自分が辞めたら周りに迷惑をかける

もしかすると、あなたは自分が辞めれば職場の他の人に迷惑をかけると思っているかもしれません。

そのため、なかなか転職に踏み切れません。

もちろん、あなたが辞めればその仕事を引き継ぐ誰かが必要になります。

そしてあなたがしていたその仕事ができる人が見つかるまでの期間、ほかの同僚が余分に仕事をしなければならないかもしれません。

そのような負担を強いるかもしれない自分の行動を利己的と感じるでしょうか。

しかし元はと言えば、辞めたいという気持ちをあなたに持たせたのは、その職場の環境、もしくは上司、もしくは同僚ではないでしょうか

その仕事を続けることができれば、仕事を改めて探す精神的ストレスもありませんし経済的ストレスもありません。

今の仕事を辞めることによって、あなたが新たなストレスを背負い込むことになるのです。

その事実に目を向けましょう。

自分に精神的な苦痛を強いた場所や相手に同情に似た感情を持つのは、あまりにもお人好しすぎと言えないでしょうか。

彼らに仕返しをしたいがために、仕事を辞めるわけでないのです。

辞めたいという気持ちを持つ所まで精神的に追い込まれた自分をもっといたわってあげてもいいのではないでしょうか。

辞めると言ったらモラハラがエスカレートする

辞めると言ったらモラハラがエスカレートするのではないかと心配しているかもしれません。

もちろん、そうなる可能性は否定できません。

実際、辞めることを伝えてもすぐには辞めるのは難しいでしょう。

1ヶ月もしくは2ヶ月前にその意志を伝えておく必要があります。

その期間モラハラがより厳しくなるかもしれません。

ただこういうときは、エスカレートするかもしれないという恐怖心を持つよりも、たとえそうなっても1ヶ月もしくは2ヶ月後には確実に終わるという前向きな気持ちを持つほうが耐えやすくなります。

実際やめるまでの辛抱です。

一方、思っていたほどモラハラがひどくならないかもしれず、辞めることに決めたあなたにモラハラ加害者が興味を持たなくなる場合もあります。

自分が我慢すればいいだけのこと

自分が我慢すればいいだけのこと、このように考えているでしょうか?

もちろん、それで問題が解決するのであればいいのですが、我慢することによって引き起こされる弊害に目をつむることはできません

頭では我慢すればいいと思っているのですが、身体は別の反応をします。

頭痛、めまい、吐き気、気だるさ、不眠、うつetc.

免疫機能が低下し病気にかかりやすくもなります。

身体がすでに警告を発しているのに、自分が我慢すればいいだけと現実から目を背けるのは、厳しい言い方をすれば一種の現実逃避です。

身体が発する忠告を無視してはいけません。

それはあなたを守ろうとしているのです。

その忠告に耳を向け、自分の体を大事に扱ってください。

ここを辞めてもお前の能力では仕事は見つからないとか言われる

これは一種の脅しであり、マインドコントロールです。

あなたを自分の影響下に置いておこうとするモラハラ加害者の餌食になってはいけません。

今の職場であなたの能力が十分に発揮できないのは、本当に能力の低さなのでしょうか?

毎日否定され批判されたせいで、正しい判断能力を失っているだけではないでしょうか?

そのモラハラ加害者がそもそもの原因ではありませんか?

モラハラ加害者は、攻撃対象であるあなたの価値を下げることや尊厳を奪うことに必死です。

それさえできれば、それでいいのです。

あなたが今の仕事をやめても、それは敗北でもなんでもありません。

ただ額縁(つまり職場)があなたに合わなかっただけです。

あなたを引き立たせることができない額縁は取り替えてよいのです。

今辞めて本当に仕事が見つかるかどうか不安

たしかに、この不安はあります。

しかし多くの場合、理想を追い求めさえしなければ大抵仕事は見つかります。

職種の幅を広げる、年収をある程度下げる、こうした妥協ができるなら見つけやすいでしょう。

仕事をするやる気があり、自分を役立たせたいという気持ちがあれば、できる仕事はいくらでもあります。

もちろん、新しい生活を始めることにもストレスが伴います。

そのストレスと今受けているモラハラによるストレスを比較し、どちらのほうがまだましなストレスかを判断しなければなりません。

その判断ができるのはあなただけです。

今の仕事を続けて神経をすり減らしてうつが発症するのを待つか、今の仕事に見切りをつけ新しい生活を始めるか、どちらを選びますか?

もしあなたが転職することを選んだのであれば、ひとりで転職活動するに及びません。

まずは転職をサポートしてくれる転職エージェントに相談してみましょう。

あなたがサポートを受けられる対象になれるかどうかはこの時点では分かりませんが、とりあえず申し込みをして返事を待ちましょう。

返事が返ってきてから転職活動を始めればいいのです。

退職してからの転職活動は精神的・経済的なストレスが大きくなるので、申込みと転職活動は在職中にすることをおすすめします。

利用できる転職支援エージェント

ほぼどの業種・職種でも対応可能なのがリクルートエージェントです。ここは転職あっ旋業界の最大手で求人数も半端ありません。

もしあなたがIT関係のお仕事をしているのであれば、ワークポートがあります。

薬剤師関係のお仕事をしているのであれば、ファルマスタッフがあります。

歯科衛生士であれば、ファーストナビがあります。

飲食関係のお仕事をしているのであれば、フーズラボエージェントがあります。

介護職関係のお仕事をしているのであれば、カイゴワーカーがあります。

何かの障がいをお持ちであれば、ラルゴ高田馬場があります。

ここですべての業種や職種をご紹介できませんが、こうした転職支援の会社を利用することで転職活動をよりスムーズに進めることができます。

今の仕事を辞めたいんだけど辞めるには問題が山積みと思っているなら、ぜひもう一度再考を。