腰痛対策にオフィスチェア「エクストラクール・ハイバックチェア」を購入

最近、家の中で起きている時間はほぼすべて椅子に座って作業していることが多くなり、腰とお尻が痛くなってきました。これでは、体が不調を訴えるのも時間の問題なので、オフィスチェアの購入に踏み切りました。

今回は、アイリスオーヤマのオフィスチェア「エクストラクール・ハイバックチェア」を購入しましたが、そこに行き着くまでの経緯を書いていきたいと思います。

ゲーミングチェアという選択肢

予算は2,3万円程度。まず、目をつけたのが「ゲーミングチェア」です。おもに、ゲームを長時間する人向けに作られているということで、リクライニング機能やバケットシートなど、座り心地を重視した作りになっています。そのため、長時間パソコン作業をする人にも向いています。

バケットシートとは?

座席の左右の「へり」を高くして、お尻や肩を深く包みこむことで体の固定機能を高めた形状シートのこと。固定することで体が疲れにくくなります。レーシングカーの座席などに使われています。

購入条件をいくつかリストアップしました。

  • 素材は蒸れるのが嫌なのでレザーを排除し、メッシュまたはファブリック
  • 肘を置く可動式アームレスト
  • 頭を支えるヘッドクッション
  • 休むときに足を置けるフットレスト(オットマン)つき
  • 派手でない
オットマンとは?

足置き台のこと。通常は単品で売られていることが多く、椅子やソファの前に置いて足を載せます。

派手さはゲームングチェアのポイントの1つですが、わたしの生活環境には合わないので、落ち着いた雰囲気のゲーミングチェアが欲しかったです。

そこで見つけたのが、タンスのゲンが「CYBER-GROUND」のブランドで販売しているゲーミングチェア

座面のクッション素材はモールドウレタン厚みは12cmと申し分ありません。全体に使われている生地素材はファブリック。そして肝心のカラーはブラックとグレー、とくにグレーは落ち着いた色合いです。

楽天市場「タンスのゲン」より引用

ハーマンミラーという選択肢

ほぼ「タンスのゲン」のゲーミングチェアで決まりかけていましたが、知り合いから「ハーマンミラーのアーロンもいいよ」といわれ、一度調べてみることに。

調べてみてびっくり。価格が20万円以上する椅子を見たのは初めてで、見た瞬間、「あ、これ無理」と思いましたが、これで「前傾チルト」という機能を知ることになりました。

前傾チルト機能とは?

座面が前側にわずかに傾斜する機能のこと。腹部の圧迫や背骨の歪曲、首の痛みを緩和する効果を期待できます。

前傾チルト機能がある椅子は安いものでも6万~7万のため、予算オーバー。結局、前傾チルト機能つきを諦めました。

しかしおかげで、今回購入した「アイリスオーヤマ エクストラクール・ハイバックチェア」を見つけました。

エクストラクール・ハイバックチェアという選択

前傾チルト機能つきの椅子を探している間に、長時間座るのであれば、素材はやはり蒸れにくいメッシュがいいなと思うようになり、条件を以下のように変更。

  • 全面メッシュ素材
  • 可動式アームレスト
  • ヘッドレストつき
  • 派手でない
  • (あれば)フットレスト

そのなかで見つけたのが、アイリスオーヤマのオフィスチェア「エクストラクール・ハイバックチェア」です。

全面メッシュ素材。カラーはブラック・グレー・ワインレッド・ブルー・グリーンの5色から選べます。わたしは落ち着いたグレーをチョイスしました。

座面

座面が山形に反っているのが特徴的なオフィスチェア。

アイリス公式サイトより引用

「座面の奥行きが浅く、奥がすぼまってるので、深く座ると腰からすっぽりはまり、姿勢が自然と良くなる」というレビューがありました。前面も傾斜しており、太ももへの圧迫が軽減されることを期待。

アイリス公式サイトより引用

座面前側の厚みは11㎝、足が痛くならないことを期待。

アームレスト

アイリス公式サイトより引用

アームレストは6段階に調節可能。パソコンでの入力作業時はアームレストが可動するかどうかで肩や首への負担がかなり変わってくるので、けっこう重要なポイントです。

購入の最終条件

最終的な購入条件は、以下のようになりました。

  • 全面メッシュ素材
  • 可動式アームレスト
  • ヘッドレストつき
  • 落ち着いたグレー

エクストラクール・ハイバックチェアにはフットレフト(オットマン)や前傾チルト機能はありませんが、レビューもおおかた評判がよく、購入を決意。

アイリス公式サイトより引用

エクストラクール・ハイバックチェアのレビュー

エクストラクール・ハイバックチェアが到着。

AmazonのIRIS PLAZA公式サイトでグレーが12,800円と安く売られていました。多分、現時点では楽天Yahooショッピングと比べても、これが一番安いプライスだと思います。

組み立て

組み立ては30分ほどで終わります。B5サイズ程度の紙1枚に組み立て手順図が載せられています。ねじはすべて備え付けの六角レンチで締めることが可能です。

思った以上に重さがあります。総重量は約20kg、一つひとつの部品もそれなりに重いので、慎重に作業してください。可能であれば、2人で作業するのがいいと思います。

キャスターつきのため、椅子移動には力がほとんど要らず、スイスイ動かせます。ただ、コードなどを踏まないよう持ち上げるときに、けっこう重いなと感じます。

座り心地

わたしは身長170cm、体重60kg、体型は細身です。

深く座ると、確かに姿勢がよくなります。直立がしんどくなったときは、少し後ろに傾けてロッキング機能を使ってロックすると作業が楽になります。ただ、そうすると太ももへの圧迫が若干感じられるので、脚部に足を乗せる、あぐらをかくなどの工夫が求められます。

背面にしっかり体を預けられるので、疲れをあまり感じなくなりました。座りなおす回数も以前に比べると、かなり減ったように思います。椅子のなかに体がすっぽりはまっている感覚があり、何よりも腰やお尻の痛みがなくなったのは大きいです。

可動式のアームレストは大正解です。ベストの位置に肘を置きながらタイピングできるので、肩や首への負担がだいぶなくなりました。

表面は程よい弾力がある素材で硬くなく、肘が痛くなりません

あと、わたしにとって一番良かったのはヘッドレスト。頭を軽く置きながら作業するのがこんなにも楽なのかということを初めて知りました。また、手を止めて考えているときにも頭を載せられるので、リラックスしながら考えに集中できます。

オフィスチェアの購入はかなり悩ましい

オフィスチェアのネット購入は座り心地がわからないため、購入が難しいです。また、自分がいいなと思った機能をすべて含めようとすると、予算を軽くオーバーしてしまいます。

わたしの場合、最初に買いたいとイメージしていた椅子と実際に購入した椅子の違いにびっくりです。探しはじめのころに今回購入した椅子をたとえ見ていたとしても、たぶん全く食指が動かなったでしょう。それくらい、最初のイメージとかけ離れていました。しかし、数回の考えの変化を経て購入に至りました。

家での時間が長くなるなか、体のことを思うと仕事や作業に使う椅子はかなり真剣に考えなければいけません。本記事が悩ましいオフィスチェア選びの一助になれば幸いです。

コメント