付き合いたい人がモラハラ彼氏か見分ける方法。モラ彼の7+αの特徴

break-off-relations-m1

付き合う前に分かっていれば、こんな男と付き合っていないのに...。

付き合ってしまったら、別れ話を切り出すのも難しいモラハラ彼氏。

モラハラ彼氏になる可能性の高い男性には、どんな特徴があるでしょうか?

以下の特徴が複数観察される場合は、可能性大!

誘いを断りましょう。

スポンサーリンク

お金の使い方がケチ

モラハラ彼氏の要素がある男性は、端的に言ってお金の使い方がケチです。

自分勝手とも言えるかもしれません。

あるモラハラ彼氏は、彼女が家でエアコンを付けただけで文句を言います。

「電気代がもったない」

一見、倹約家に見えますが、実際はお金を使いたくないだけなのです。

特に、自分の彼女のためにお金を使うことを渋ります。

その理由は、自分が買いたいものやしたいことができなくなるから。

人のためにお金を出すことを渋る傾向が強い男性は、モラハラ彼氏になる可能性大!

そんな男性と付き合うと、あなたが買いたいと思うものやしたいと思うことをどんなささいなものでもことごとく批判し、お金が出ていかないようにします。

二人で旅行なんて、夢のまた夢になるでしょう。

気になる男性がお金をどう使っているか、これは本当によく考えるべきです。

ある程度の節約はしますが、自分の健康も考えて、きちんと食事をしているでしょうか?

「お金がもったいないから」とか言って、食事を簡単にすませていないでしょうか?

そういったところも見てみましょう。

プライドが高い

モラハラ彼氏の別の特徴は、プライドの高さです。

これは普段の会話からだいたい推測できます。

その人の前で、他の男性のことを褒めてみましょう。

その反応が極端に機嫌が悪くなったり、すぐに批判話を始めたりするなら、モラハラ彼氏になる可能性が高いです。

モラハラ気質のある男性は、人を褒める言葉を口にすることができません

非常に分かりやすい特徴です。

自分に対する評価が異常に高いというのも、もう一つの特徴です。

自分の現実を見ていない、何を根拠にそんなことを言うのかという将来話をよくする傾向があるなら、気をつけましょう。

自分に酔っているとでもいうのでしょうか。

そんな話に耳を傾ける必要はありません。

モラハラをする男性は、自分より能力のある人を嫌がります。

努力することを嫌い、自分にないものを持っている人をねたみ、なんとか足を引っ張りたいと思っています。

これらの特徴は、会話や人との接し方で分かる部分が大きいので、普段どんな話をしているか、人が褒められるとどう反応するか、よく観察してみてください。

要求的である

モラハラ彼氏の三つ目の特徴は、要求的であること。

自分の思い通りにならないと気がすまないため、人を利用することに長けています。

人のために動くことではなく、自分のために人をどう動かすかを考えています。

付き合いたいと思っている男性は、人使いが荒いとかぞんざいとか言われてしまう人でしょうか?

もしあるなら要注意!

仕切るということ自体は問題ではありませんが、どう仕切っているかはよく見なければなりません。

みんなが楽しく過ごせるような工夫ができる人でしょうか?それとも一部の人だけが恩恵を受けるような仕切りをよくするでしょうか?

人のためなら自分は少々貧乏くじを引いても構わないと思っているでしょうか?

それを実際の行動で表わしているでしょうか?

モラハラ男性は、ものの考え方が自己中心的ですから、損をすることを極端に嫌います。

いつも得する側にいよういようとしていないか、そのために上手にミスリードをしたり何かと画策したりしようとしていないか見てみましょう。

モラハラ男性はこの面での知能が高いので、言いくるめられないように気をつけましょう。

謝らない

モラハラ彼氏は謝りません。

謝るとは、自分の非を認めるということです。

モラハラ男は先ほども書いたように、プライドが高いため、自分の間違いを認めることを極端に嫌がります。

言い訳に長けており、自分のしたことを何も間違っていないかのように説明することができます。

責任転嫁をすることもよくあります。

人からの矯正や助言を軽く見る傾向があります。

人から何か言われた後、ふてくされる傾向があります。

そんな人が職場にいますか?

そんな男性はやめておきましょう。

自分の非を素直に認めることができず、謝ることができない人と付き合うと後々苦労します。

自分の管理下に置こうとする

モラハラ男性は支配欲が強く、自分の管理下に相手を置こうとします。

所有物に対する執着心が強いため、一度自分のものと思えば、それが自分の手元から離れることを許しません。

ストーカーに近い行為が行なわれるようになります。

頻繁に連絡が来る、携帯の内容を確認される、一人で外出することが許されない、常に居場所を言わないといけない、など。

この傾向を見抜くのは非常に難しく、付き合ってから束縛されていることに気づくことがほとんどです。

それでも見分ける方法としては、まだ付き合ってもいないのに何かとあなたから情報を聞き出そうとする、もしくは知りたがる男性なら、この傾向が強いといえるかもしれません。

昨日はどこに行ってたの?どんなことをしてたの?誰と行ったの?などなど。

そんなに深い付き合いでもないのに、プライベートなことをよく質問する人がいれば要注意です。

まぁ、実際そういう人がいれば、気持ち悪いので、その時点で付き合う対象から外れていると思いますが…。

手伝いができない

モラハラ気質がある人は、人のために動くことを嫌がります。

これは先ほどあげたように、人を利用することを好み、利用されることを嫌う傾向があるからです。

誰かから手伝いを頼まれたときの反応ですぐ分かります。

自分の仕事をこなしつつも、他人の仕事のためにも進んで働いているかをよく見ましょう。

もし手伝いのできない男性と付き合うようになったら、どうなるでしょうか?

あなたが手伝ってほしいと思ったとき、決して動いてくれないでしょう。

自分のこと優先な男性と一緒にいると苦労するだけです。

決められたルールを守れない

自己中心的、これがモラハラ男性の特徴をよく表わしています。

こういう男性は、決められたルールを軽く見る傾向があります。

それを破っても問題ないと思えるときは、堂々と破ります。

彼にとって守る守らないの基準は、自分にとって特か損かです。

社内のルールや公共のルールに対して、どんな態度を取っているでしょうか?

簡単にそれを破る人ですか?

そういう人が彼氏になると、たとえ二人の間で決めた規則があっても、時経つうちに勝手に自分の都合の良いように解釈を変えていることでしょう。

モラハラ男性は、何かに縛られているという感覚が嫌いなのです。

自由が欲しい、それも自分第一の自由があればそれでよいのです。

家族との関係が悪い

最後の特徴は、家族に対する見方がどうかという点です。

極端に家族を嫌っている場合は、注意しましょう。

それにも理由があるかもしれません。

たとえば、愛情を十分に受けて育たなかった、褒めてもらえなかった、親の暴力を受けていた…などです。

そういう背景は同情に値しますが、付き合うかどうかはよく考えなければなりません。

なぜかというと、その男性はある意味被害者ともいえますが、自分の身内に冷たい見方をしている人は、あなたにも同じように接する可能性が高いからです。

もちろん、そうでない男性も確かにいるので断定はできません。

しかしこれも考えることのできるポイントの一つです。

こうした内容は直接聞くことは難しいので、みんなでご飯を食べているときなどに、そういう話題になったとき、どんな話をするかよく聞いておきましょう。

あとがき

あなたが気になる人、付き合いたいと思っている人はモラハラ彼氏になる可能性がありますか?

上のような傾向があるなら、別の人を探すほうがいいでしょう。


Pick Up

彼氏のモラハラを許すと、あなたの将来はこうなる
付き合う前には「頼もしい」と感じていたことが、今は「ちょっと行きすぎかも」と思っていませんか?彼氏のモラハラを容認すると、いつか近いうちに、あなたは自分では想像もしていなかったような人に変えられてしまうかもしれません。
DVは被害者も悪い?DV加害者に関する4つの思い違い
夫からの暴力に苦しんでいる女性が大勢います。家庭内暴力は非常に深刻な問題です。多くのDVが殺人事件に発展しています。DV加害者と被害者に関する、よく見られる思い違いをご紹介します。
スポンサーリンク

シェアに感謝します

フォローありがとうございます

スポンサーリンク