徳島のすだちに含まれているスダチチンその他の成分と効能

先日、徳島の友人からすだち(酢橘)をいただきました。

すだちは徳島の特産です。

すだちの成分や効能にはどんなものがあるのでしょう?

都市部ではそこそこな値段のするすだち。

すだちの旬は8月から10月。

出荷できないものや売れ残ったものは近所などに配るそうです。

友人も隣近所から「もういらない」というぐらいもらったようで、そのおすそ分けです。

photo by Bruno. C.

sudachi1

スポンサーリンク

スダチチン

ぎゅっと搾って料理にかけるとあの香ばしい香りと味を楽しめる、すだち。

あの香りの正体は何でしょうか?

たくさんの香り成分が含まれていますが、すだちにしかない成分があります。

それが「スダチチン」。

これにはさまざまな作用があります。

まだ研究段階ですが、インシュリン(血液中の血糖値を下げる)の働きを助ける作用があると言われていて、このことが実証されれば、今後糖尿病の治療に役立つ可能性があります。

また、中性脂肪を減らす効果があり、肥満抑制にもなることが研究で分かっています。

興味深いですね。

リモネン

リモネンは多くの柑橘類に含まれていますが、すだちにもあります。

この成分は、食欲促進作用や不安やイライラを解消する作用があり、体温を上昇させる効果や血流を良くする効果もあります。

そのため、例えば朝にリモネン成分が含まれている精油を使うと、気持ちが晴れやかになり、活動しやすくなります。

クエン酸

すだちの酸味はクエン酸によるものです。

クエン酸は胃の活動を活発化させ、食欲増進の作用があります。

また、尿をアルカリ化する作用があります。そのため、尿酸が尿の中に多く溶け込み、血中の尿酸値が低下します。

尿酸値が上がると、通風になる危険が高まります。

ビタミンも豊富

ビタミンAやビタミンCも多く含まれています。

ビタミンAは、抵抗力を高め、髪、肌、歯や目の健康に役立ちます。

ビタミンCは、免疫力を高め、ストレスを軽減するホルモンの生成を助けます。

すだちの活用方法

このように、すだちにはたくさんの成分と効能があります。

塩の取りすぎに気を遣っているなら、醤油などの調味料の代わりにすだちの酸味を使えます。

豆腐に醤油ではなく、すだちをかけるとおいしいですし、刺身にもよく合います。

ヨーグルトにすだちと蜂みつをかけてもおいしいですね。

また、すだち湯というのもいいですね。

切って使えば、薬味にもなります。

当然、これからの季節の鍋物にも。すだちの果汁が入っただしでいただくお鍋は最高。

今晩は、鍋料理でもいかがでしょう?
sudachi2

スポンサーリンク
スポンサーリンク