うつってそもそも何?人はなぜうつになるの?うつは治せる?

スポンサーリンク


うつとはどんな状態のことを言うのでしょうか?

うつになると人の思考や行動にどんな変化が表れるのでしょうか?

うつになりにくい生活習慣はあるでしょうか?

スポンサーリンク

日本人のうつ

WHO(世界保健機関)はWHOが設立された4月7日を世界保健デーとし、その年全体を通して考えるテーマを発表します。

2017年のテーマは「うつ病」でした。

WHOによると世界の3億人以上がうつ病を患っており、うつ病による自殺者は年間80万人を上回っています。

インドや中国を含むアジア地区のうつ病発生率が高く、全体のほぼ半数を抱えています。

日本も500万人以上いると報告されました。

厚生労働省によると、うつ患者は112万人(平成26年)となっています。

これは医療受診した患者数のみの統計値であり、うつ状態であっても受診していない人は含まれていません。

それで実際には、うつなのにその自覚がない方や病院に通うことを嫌がっている方などを含めると500万人~800万人ほどがうつを患っていると考えられています。

この数値は、今後も増加する傾向にあります。

うつ病と自殺

WHOによると、うつ病は自殺の主な原因です。

日本は自殺者が多い国の一つです。

日本のうつ患者は統計上は多くありませんが、うつが原因で自殺した人は相当数にのぼると見られます。

私の親しい知り合いもうつが原因で自殺しました。

もう何年も前の話ですが、今でも思い出すたびにつらくなります。

うつになると人は「自殺念慮」というものを持つことがあります。

すべてを終わらせたい、この苦しみから開放されたい、という気持ちから自殺を考えるのです。

高層ビルや高層マンションに行く機会などがあると「ここから飛び降りたらラクになれる」と本気で考えます。

「自分の人生はもう二度と良くならない、将来に希望はない、こんな人生なら生まれてこなければ良かった」と思うのです。

しかし、うつは改善させることができます。

もう一度、毎日を希望を持って生きることができるようになります。

いまうつを患っておられる方はあきらめないでください。

うつの症状

うつにはいくつかの症状があります。

その症状を大まかに見てみましょう。

気分の変化

落ち込んだり、悲しくなったり、イライラしたり、怒りっぽくなったりと、気分に大きな変化が生まれます。

周りの人からすると、性格が変わったんじゃないかと思えるほどです。

悲しいことに、本人もなぜこんなに感情をコントロールできないのか分からず、戸惑いを感じています。

こうした状態も本人を気落ちさせ、自分はだめな人間なんだとさらに自分を追い込んでしまいます。

行動の変化

以前なら興味を持っていたことが今ではまったく興味がないということがあります。

以前なら楽しくできていたことも今ではしたいとも思わないようになっています。

やる気がなくなり、不安な気持ちだけが募ります。

家に引きこもりがちになり、ほかの人とコミュニケーションを取ろうとしなくなります。

自分の殻に引きこもり、人から関心を示されてもそれに拒否反応を示します。

考えの変化

ものの考え方がすべてマイナス思考になり、何をやっても失敗すると考えるようになります。

将来には希望がなく、今の自分の状態は永遠に変わらない、自分の人生は終わったと考えます。

悪いことはすべて自分のせいで起きている、自分の存在そのものが間違っていると考えるようになります。

人はみんな自分を嫌っていると考えます。

人の言葉や態度、行動すべてに自分を傷つける意図があると解釈し、被害者意識が強くなります。

体調の変化

頭痛、肩こり、めまい、吐き気などうつと関係ないと思えるような症状が続きます。

疲労感がハンパなくあり、何をやってもすぐに疲れます。

胃がキリキリ痛むような状態が続きます。

不眠状態が続いたり、寝ているときにひどい歯ぎしりをしたりすることがあります。

疲労感がピークに達すると、ベッドから起き上がれなくなります。

以上が大まかに見た症状です。

こうした症状がすべて表れることもありますし、一つだけしか表れていないこともあります。

日本人の場合、うつが体調に表れることが多く、そのため単に疲れているだけとカン違いして、うつになっていることを見過ごしやすいといわれています。

それで本人が自らうつと気づくことはまれですので、周りの人が変化に気づいたら早めに注意を促してあげることが大切です。

うつの原因

うつの原因として挙げられるのはストレスです。

何がストレスになるかというと、死別、離婚、失業、転勤、人間関係、ノルマ、テストなど多岐にわたります。

ほかにも浮気、虐待、DV、パワハラ、モラハラ、長時間労働などもストレスの原因になります。

ですから、生活のあらゆる要素がうつを誘発する可能性があると言っても過言ではありません。

一つの大きなストレス要素でうつになることもあれば、小さなストレスの積み重ねでうつになることもあります。

また疲れも見逃せません。

疲れが溜まると人は容易にマイナス思考になり、その状態が続くとうつを発症しやすくなります。

うつを防ぐ生活習慣

ストレスとなる要素を一つでも減らすこと、これがうつになるのを防ぐ方法です。

十分の休息を取る

疲れた状態を長引かせないようにするために、十分の休息を自分に与えます。

夜遅くまでネットやSNSにはまらないようにしましょう。

ネット依存やSNS依存がうつを引き起こしやすいという報告がすでになされています。

科学技術は生活を便利なものにしていますが、個人としてその使い方を間違えると生活が不規則になり精神衛生に悪い影響を与えます。

夜は早めに寝るようにして体に十分の休息を与え、疲れを取るようにしてください。

疲れが取れると思考はプラスに働くようになります。

お酒は適度に

深酒もよくありません。

お酒はたしなむ程度、過度の飲酒は避けましょう。

お酒は睡眠の質を低下させ、結果として寝ても疲れが取れない状態を引き起こします。

すでによく知られているように、アルコールは依存症にもなりやすく、依存症になるとうつにもかかりやすくなります。

運動する

運動することが勧められています。

適度な運動は気分を向上させます。

フィットネスジムに通う時間とお金があれば申し分ありませんが、そうでなくても週に数回、外に出かけ体を動かしましょう。

体力が落ちると気力も下がります。

その逆も真実で、体力がつくと気力も上がります。

うつとはどんな状態?

うつとはさきほど挙げた症状が見られる状態のことですが、この状態には思考と行動が大きく関係していることが分かっています。

気分と思考

うつになると気分のひどい落ち込みを経験しますが、そうなると思考がマイナスになり、それがまた気分の落ち込みを加速させます。

自分や他の人、自分の周りの状況をすべて悲観的にとらえ、自分を責めたり人を責めたり状況は永遠に変わらないと考えます。

気分と行動

気分が落ち込むと行動もグズグズすることが多くなり、決定することができず先に延ばそうとします。

現実逃避的な傾向が強くなり、お酒やネットに”逃げる”ようになります。

しなければいけないことができていないので、それがまた気分を落ち込ませます。

うつは治せる?

気分がいいから笑うというのは自然なことですが、意識して笑うと気分が良くなるということも分かっています。

これが認知療法もしくは認知行動療法の基本的な考え方です。

思考や行動を意識的に変えることによって気分に働きかけるということです。

もちろんこれは一朝一夕にできることではなく、計画的・継続的な努力が求められます。

かなりのエネルギーを使いますが、多くの方が良い変化を実感しておられます。

認知療法は週1回の治療を16週~20週ほどかけて行ないます。

認知療法も保険適用内となり費用も安く抑えることができるようになりましたが、実際は1回30分以上かけなければならない認知療法を十分に行なっている病院はまだまだ少なく(つまり時間をかけない)、患者側からすると不満だけが残るというのが現状です。

そのため保険適用外での治療が今でも主流です。

保険適用外で認知療法を施しているところに通うと、1回あたり大体8,000円~10,000円ほどかかります。

そのため、費用の捻出ができず途中で治療をやめてしまう患者が少なくありません。

今年9月に公認心理師法が施行され、来年平成30年から公認心理師試験が実施される予定です。

心理職が国家資格化されることにより、将来は認知療法を始めとする精神治療がこれまで以上により容易に保険適用内で受けられるようになると予想されています。

すべてのうつ患者が費用の面で安心して治療を続けられる環境が早く整うことを願います。

自宅でも認知療法はできるか?

専門家と1対1で治療するほうがもちろんいいわけですが、自宅でも一人でも認知療法は可能です。

本や資料などを見て自分で思考を変えていく作業を繰り返すことによって徐々に変化していくことができます。

もし一人で認知療法をやってみたいというなら、「プチ認知療法」がいいかもしれません。

これは下園壮太先生が提唱している療法で、本来の認知療法よりも手軽に取り組むことができます。

うつ状態で多くのエネルギーを出せない人でも実践できるように配慮されています。

DVDの形で発行されていますので、興味のある方はご覧ください。

公式サイト
下園壮太プチ認知療法DVD

最後に・・・

うつはだれでもかかる可能性のある病気です。

しかし改善できます。

より多くの人がうつの苦しい状態から抜け出し、命があることの素晴らしさや生活を楽しむ喜びを持てるようになることを心から願っています。


スポンサーリンク

シェアに感謝します

フォローに感謝します

スポンサーリンク