転職活動者や失業者、専業主婦はうつになりやすいってホント?

スポンサーリンク


いま転職マーケットは売り手市場と言われ、転職者が増えています。

その一方で、転職活動がなかなかうまく行かず悶々としている人もいれば、退職を迫られ精神的に参ってしまっている人もいます。

女性に目を向けると、結婚や妊娠、子育てという節目節目で退職や転職を繰り返す方もいれば、これまでのキャリアを捨てて専業主婦という道を選ぶ方もいます。

これらの人の中には、うつ的な症状を訴える方が少なからずいます。

なぜそうなるのか探ってみましょう。

スポンサーリンク

失業によって受ける影響

失業は自然災害や悲惨な事故などと同じくらい、心に大きな傷を残す人生の中でも非常に大きな出来事です。

会社の突然の倒産、パワハラによる追い出し、リストラ、退職勧奨など、失業に至る過程も心に大きなストレスを与えます。

男性は特に失業に大きなショックを受けるようです。

失業によって失うものは何でしょうか?

経済的自立を失う

まず一番に挙げられるのが経済的自立を失うことです。

雇用保険に入っていたなら失業保険をもらえる可能性がありますが、そうでない場合は経済的苦境に立たされます。

日々の生活費、家賃の支払い、ローンの支払い、社会保険料の支払いなど払わなければいけないものが目白押し…。

お金が定期的に入ってこないという恐ろしさは、そのストレスを実際に経験した人しか理解できないかもしれません。

社会的信用を失う

さらに社会的信用を失います。

例えば失業中にクレジットカードを作ろうとしても審査が通らない可能性が高く、社会的信用のない者と見られているという現実を突きつけられます。

ローンの新規契約も難しくなります。

家を借りようとしても大家が貸してくれる可能性は低いでしょう。

自信を失う

仕事で積み上げてきたスキルやキャリアというものがなくなると、自分に自信を持てなくなる人がかなりいます。

仕事を自分のステータスと思っていた人ほどこの傾向は強いでしょう。

「自分はこういう仕事をしています。」「〇〇会社に勤めています。」と言えるものがなくなるので、極端に他人と交流を持ちたがらなくなります。

「どんな仕事をしているのですか?」と聞かれたくないからです。

今の自分を恥ずかしい存在と思ってしまいます。

人から役に立たない存在と思われているに違いないと思い詰めます。

仕事を失うと、これまで当たり前と思っていた働く場所のあることや働くことそのもののありがたみがしみじみ分かり、失ったものの大きさにショックを覚えます。

失業中はうつになりやすい

こうしたものが失業によって一気に押し寄せます。

自分を孤立させるようになり、極度な気分の落ち込みを経験します。

経済的不安、社会的信用がないという現実、それらから来る自信喪失など、失業によって人が精神的なバランスを崩しやすくなるのは火を見るより明らかです。

転職活動は?

転職する場合、退職してから次の仕事を探してもすぐに見つからないことが多く、上記で挙げたさまざまなストレスを経験する羽目になります。

そのため今は多くの人が現在の仕事を続けながら転職活動を始めます。

経済的な基盤を残しつつ次の仕事先を探すので、失業中の人よりはストレスは少ないように見えます。

では実際はどうでしょうか?

転職先がなかなか見つからない

今の転職マーケットは売り手市場と言われます。

厚生労働省が発表した2017年9月分の有効求人倍率は1.52倍です。

転職エージェント最大手リクルートエージェントが発表している2017年10月の求人倍率は1.88倍、同じく転職エージェント大手のDUDAが発表している2017年10月の求人倍率は2.25倍です。

こうした数字だけを見ると、転職者はいとも簡単に転職できてしまう気がします。

しかし現実はそうではないようです。

転職経験者なら分かることですが、求人に応募してもほとんどが書類選考で落とされます。

落ちる回数が10回や20回ならまだましなほうで、100社応募してもすべて書類選考落ちという人もいます。

転職マーケットにおいて自分は市場価値がないという現実を突きつけられてしまうのです。

転職に成功しやすいのはやはり他の人とは異なる知識や技術を持っている人であり、一般的な業務しかできない人にとって転職の門戸は限りなく狭められています。

多くの人がカン違いしている点ですが、今の会社でそこそこの給料をもらっているから自分は問題ないだろうと考えます。

受け取っている給与額が高い人ほど、この思い違いをします。

しかし給与額は自分の市場価値とイコールではありません。

それは今いる会社の判断にしか過ぎないのです。

給与額=自分の市場価値ではないことに気づかず転職活動を始めた人たちは、自分の市場価値の低さにプライドを大きく傷つけられてしまいます。

書類選考に落ち続けると、自分のスキルやキャリアは他の場所では通用しないのではないかという恐れと不安で精神的バランスを崩しやすくなります。

専業主婦の女性

主婦業は非常に価値のある仕事ですが、すべての人がそのように考えているわけではありません。

仕方なく主婦をしている女性

主婦業はだれでもできる、簡単な仕事、お金を生まないなどという考えに影響されて、自分には価値がないと判断してしまう女性が少なからずいます。

キャリアを積んできた女性ほどそのように感じる傾向が強いようです。

そのため少しでも早く社会復帰をしなければと焦ります。

今の自分の存在価値を低め、結婚したことを悔み、ひいては子どもがいることを恨みます。

自分には自由がないと嘆きます。

こうした考え方は感情的ストレスを生み、夫や子どもに感情をぶつけます。

子どもに手を上げたり、「〇〇のせいで・・・」と言って責めたりしてしまうことがあります。

その行動を後から悔み、自分は良くないママだと落ち込みます。

この悪循環が繰り返されると、人は容易にうつになります。

専業主婦を選んだ女性

専業主婦を自ら選んだ女性は、比較的精神が安定しているように見えます。

子育てを一つの仕事とみなし、それを楽しむことによってやりがいや充実感を味わいます。

ただ専業主婦が口にする一つの悩みは経済的基盤がないということです。

不思議に思われるかもしれません。

「夫が働いているなら問題ないじゃないか」と多くの人は思うことでしょう。

しかし今の時代、夫が妻にずっと誠実であるかどうかは分かりません。

お金は毎月入れてくれているとしても、会社帰りに何をしているかをはっきりと把握しているわけではありません。

会社で女性社員とどんな付き合い方をしているかも分かりません。

正直なところ、夫がいつ自分から別の女性に走るか分からないという不安定な要素の上に家庭が成り立っています。

そのため、離婚となった後のことを考えて経済面でこのまま夫にすべて寄りかかっていてもいいのだろうかという不安を感じています。

もしもの時のことを考えて、自分も働きに出たほうがいいのではないかと考えます。

実際、本当に浮気や不倫という問題が起きれば、それによって被る感情的ストレスは言葉で言い表わすことはできないでしょう。

心配していた経済的不安も一気に押し寄せます。

こうしたことによってうつになる可能性は非常に高くなります。

どうすればいい?

ではどうすればいいのでしょうか?

失業中の場合

失業経験者の話をいろいろ聞いてみると、意外なことですが後先考えずに仕事をやめたという方が結構おられます。

「今いる場所が嫌だから、まず辞めてから考える」というスタンスの方が多く、結果として現実に直面し、「辞める前に次の仕事を探しておくべきだった」と後悔の弁を述べておられます。

職種や年収にこだわればこだわるほど次の仕事がすぐに見つかる可能性は低く、生活に苦労します。

失業中はある程度プライドを捨て、自分にできる仕事は何でもするというスタンスで仕事を探す必要があります。

そういう覚悟ができれば、新たな展望が開ける可能性は高くなるでしょう。

ハラスメントを受けての退職・失業の場合は、履歴書に退職理由をどう書けばよいか悩む方がおられます。

以下の記事を参考にしてください。

パワハラモラハラによる自己都合退職を会社都合退職に変える
失業中、生活ができるかどうかが一番の気がかりです。パワハラやモラハラさえ受けてなければとも思います。退職する前に自己都合退職から会社都合退職への変更を考えてみましょう。
パワハラによる退職を会社都合退職にすると転職に不利?
パワハラやモラハラ、セクハラなどのハラスメントを理由にした退職を自己都合退職ではなく会社都合退職することができます。しかしそうすると転職活動が不利になるでしょうか?

転職活動中の場合

転職活動中の方はどうでしょうか?

転職すれば良いことがあるという考えで転職を進めると結構痛い目にあいます。

自分が転職したいのはなぜか、そうする理由が本当にあるのか、そのあたりをしっかり自己分析してから転職するかどうかを決めたほうがいいでしょう。

自分がしたいと思っていることは今の会社で本当にできないのだろうかと考えてみることもできます。

それでもやはり転職した方がいいという結論が出たら、転職エージェントを利用して在職中に転職活動を始めるといいかもしれません。

そうすれば仮に転職できる先が見つからなかったとしても今の仕事で生活していけます。

転職エージェントを利用するとしても、自動的にいい転職先を教えてくれるというものではありませんので、自分の強み弱み、キャリアの自己分析などをしっかりしてから相談しましょう。

転職の書類選考通らない!通過率が高い人は職歴書の書き方が違う
採用担当者も納得の書類選考通過率を上げる履歴書・職務経歴書の書き方とは?何度応募しても落ちてしまい、メンタルがやられてしまっていますか?転職活動の最初の難関、書類選考の通過率を上げる方法を紹介。
転職の重要評価条件であるヒューマンスキルの身につけ方教えます
転職にはヒューマンスキルが必須です。今の職場から早く離れたいとしてもスキルを上げておかないと、転職活動はなかなかうまくいきません。今ヒューマンスキルをあげることが転職を成功させるカギです。
転職してはいけない転職に失敗し後悔する人の三大欠点と改善方法
転職してはいけない人の3つの特徴とその改善点とは?転職者は年々増加していますが、転職してから後悔する人が後を絶ちません。後悔する人の中には、転職すれば必ず失敗するのに転職してしまった人がいます。

仕方なく専業主婦という場合

仕方なく専業主婦をしているという方は、ぜひ今の環境を十分に満喫していただきたいと思います。

子育てというのは20年かけて一人の人間を社会に送り出すという本当に素晴らしい大事業であり、誇れる仕事です。

もちろん経済的な問題も含めて各家庭ごとに異なる問題があるので一概に子育てに専念したほうがいいとは言えませんが、子どもを育てることに十分の時間と労力をかけるなら、20年後には大きな大きな笑顔が待っています。

以下の記事に子育てにおいて気をつけなければならない点をまとめているのでご覧ください。

えっ、わたしも?毒親の5つの特徴をチェック。あなたは大丈夫?
毒親のもとで育った人の中には自分の親が他と異なる親であるとは知らずにいる人もいます。おかしいと感じながらも確証を持てず、同じように子育てしています。毒親の特徴を知って自分に当てはまっていないかチェックしてみましょう。
反抗期?中学生の子どもと会話がない親がするたった3つのこと
どの家庭であっても子育ては大変です。特に思春期となる中学生の子どもが何を考えているのか分からない、と嘆く親はたくさんいます。子どもと楽しく会話できるようになるための方法を3つ紹介します。

専業主婦を選んだという場合

最後に、専業主婦を選んだ女性が抱える不安の一つ、夫の不貞行為が万が一起こった場合、感情面のストレスにどのように対処できるかを記事にしていますのでご覧ください。

突然夫からの浮気告白。離婚しないと決めたがこの後どうしたら?
浮気や不倫を繰り返していた夫からその事実を告白されたなら、妻にとってその衝撃は言葉では言い表すことはできませんが、もし離婚しないと決めたならどのように夫婦として信頼の回復を図れるでしょうか?
浮気した夫が一方的に離婚。頭が混乱しうつ症状に悩んでいるなら
結婚している女性にとって夫の浮気と離婚は最大級のストレスです。浮気が分かった時にはバカにされ離婚を突きつけられることもあります。数年経っても未だに心の傷が癒やされないという人は少なくありません。

今うつに悩まされているなら

もし今うつに悩まされているなら、病院に行くなりカウンセリングを受けるなり必要な対処を講じるべきですが、それに合わせて自宅でも可能なうつ症状を緩和する方法があるので活用してみてください。

公式サイト
下園壮太プチ認知療法DVD


スポンサーリンク

シェアに感謝します

フォローに感謝します

スポンサーリンク