パワハラによる退職を会社都合退職にすると転職に不利?


パワハラやモラハラ、セクハラなどのハラスメントを理由にした退職を、自己都合退職ではなく会社都合退職することができます。

しかしそうすると転職活動が不利になるでしょうか?

スポンサーリンク

自己都合退職と会社都合退職の違い

会社を退職する場合、2種類の退職方法があります。

自己都合退職

一つは自己都合退職。

これは転職活動の際、履歴書に「一身上の理由で退職」と記載する退職方法です。

以前勤めていた会社にも退職届を出します。

会社都合退職

もう一つの方法が会社都合退職です。

自らの意思で辞めたのではなく、不本意ながら辞めざるを得なかった状況ゆえに辞めたことになります。

履歴書には「会社都合で退職」と記載することになります。

以前勤めていた会社には退職届を出しません。

退職届は自らの意志で辞める場合にのみ提出します。

会社都合で退職する理由となるもの

では、会社都合で退職する理由となるものとして何があるでしょうか?

たとえば、

  • 倒産
  • リストラ
  • 正当な理由のない一方的な解雇
  • 賃金の不払い
  • 長時間労働
  • パワハラ・モラハラ・セクハラなどのハラスメント

です。

ですからハラスメントによる退職を余儀なくされた場合、堂々と履歴書に「会社都合により退職」と書いてもまったく差し支えありません。

会社都合退職にすると、失業保険の支払時期が早くなるといったメリットもあります。

しかしここで問題となるのは、履歴書に「会社都合により退職」と書いたら印象がどうなのかということです。

転職活動に悪影響が出るなら、たとえ「会社都合により退職」と書きたくても書くことができないと思うのが普通です。

「会社都合により退職」は印象が悪くなるのか?

一言で言うと、そのために必ずしも印象が悪くなるということはありません。

ただ注意が必要です。

履歴書に「会社都合により退職」と書いただけでは、どんな事情で会社都合退職になったのか担当者には理解できません。

個人の実力不足による解雇もあるからです。

退職理由を書く

会社をやめざるを得なかったことを相手に分かってもらえるような退職理由を書いておく必要があります。

ただしあまりにくどくどと事細かに書くと、かえって担当者に悪い印象を与えてしまう恐れがあるので、どの程度の内容にするかのさじ加減が求められます。

退職理由よりも大事なもの

担当者に本当に知ってほしいのは、退職理由よりも以前の会社でどれだけの仕事をしてきたかです。

どんな仕事に従事し、どんな取り組みをしてきたかを知ってほしいと思います。

ですからどのように会社に貢献してきたかをアピールすることに重きを置きましょう。

その経歴を通してあなたに加えられた仕打ちが不当なものであったことを担当者に分かるようにしたほうが、相手も十分納得できます。

それでハラスメントによる退職を会社都合退職にする場合は、職務経歴書に記載する内容に十分注意を払ってください。

履歴書や職歴書の書き方アドバイスを受ける

履歴書や職歴書はもちろん自分ひとりでも書くことはできますが、担当者に納得してもらえるような退職理由や職歴に仕上げるにはプロの力を借りるのが賢明です。

それによって転職活動の最難関である書類選考でつまずくのを避けられます。

今では転職エージェントを利用する転職希望者が増えており、大体どの転職エージェントも履歴書や職歴書の添削指導を行なっています。

オススメはパソナキャリアです。

パソナキャリアへの登録
(PC版)はこちら

パソナキャリアへの登録
(スマホ版)はこちら

その理由については、こちらの記事で書いています。

転職の書類選考通らない!通過率が高い人は履歴職歴書の書き方が違う
採用担当者も納得の書類選考通過率を上げる履歴書・職務経歴書の書き方とは?何度応募しても落ちてしまい、メンタルがやられてしまっていますか?転職活動の最初の難関、書類選考の通過率を上げる方法を紹介。

スポンサーリンク