アカハラで山形大の学生が自殺していたという事件を考える


昨日(8月3日)、山形大の学生だった、当時大学4年生の男性が、アカハラを苦に自殺していたというニュースが流れました。

事件は2015年11月に起きていましたが、遺族側の提訴を受けて初めて、大学側が学生の自殺にようやく言及したということに呆れます。

2016年6月に、アカハラによる自殺であったと認定されていたにも関わらずです。

学生を指導し社会に役立つ人材を育てるべき教育現場で、指導者自身がその芽を摘んでいるというのは、とても恥ずかしいことです。

スポンサーリンク

アカデミックハラスメントとは

アカデミックハラスメント(アカハラ)とは、大学や大学院などの教育機関で、教授・助教などの指導教員が学生に対して、もしくは他の教職員に対して行なう、身体的・精神的・感情的嫌がらせのことです。

学術機関で行なわる、自分の立場を利用したパワハラです。

アカデミックハラスメントになりうるもの

  • 根拠のない人格否定
  • こなしきれない量の課題を出し、履行不可能な短期間での提出を求める
  • 提出した論文を、正当な理由もなく受理しない
  • 論文を共同著書にするよう迫り、拒否すると単位を与えない
  • 当人が希望する学問の研究でなく、別の研究をすることを強制する

今回のアカハラの原因は?

今回発覚した山形大の大学4年生(当時)の自殺は、アカハラが原因でした。

指導教員が行なったアカハラは、学生に対する人格否定と言われています。

この助教は、日常的にアカハラを繰り返していた疑いがあり、複数の学生に対して長時間の説教をしたり、故意に無視したりすることがあったということです。

彼の場合、自殺した学生だけを対象にした個人攻撃ではなかったようですが、学生からすれば、どんな理不尽なことをされても耐えるしかなかったのでしょう。

なぜアカハラは起きるのか?

大学や大学院において、指導教授・指導教員と学生との間には、絶対的な力の差が存在します。

学ぶために師事しているわけですから、嫌なことをされても黙って辛抱するしかないと考えるのが普通でしょう。

絶対歯向かえない、歯向かってこないという環境では、ハラスメントは簡単に起こります。

そのことを理解せずに(分かっていてのハラスメントであれば非常に悪質です)無理難題を押し付ける、圧力的に接する指導者が少なからずいます。

一人の人を死に追いやった、この40代の男性には、停職処分を受けたからもう問題は片付いているはずだとは思わずに、自分の性格や態度が人の命を奪ったんだということを深く認めて徹底的な自己改善を図っていただきたいと思います。

それができて初めて、その死を真摯に受け止めていると言えます。

大学と助教は裁判で争うようですが、裁判での勝ち負けよりも、当人がいまどのように学生に接しているかのほうに、個人的には強い関心があります。

事件が起きてから約1年半、アカハラ認定されてから約1年、処分を受けてから約10ヶ月、すでにこれだけの時間が過ぎていますので、人の接し方に大きな改善が図られていることを希望してやみません。

人が変わるには謙虚さが必要

処分を受けたら、人は大抵それを恥ずかしく思いますが、それと同時に、処分対象になったことを苦々しく思うことがあります。

時間が経てば経つほど、その感情が強くなる場合もあります。

そして、それまでの自分の歩み方や接し方を変えることに強い抵抗感を感じ、そうすることを恥ずかしいとさえ感じます。

そのような感情の根本原因は、誇り・プライドです。

人との接し方を変えるには、謙虚さが求められます。

謙虚であるには、自分を低くすることが必要ですが、プライドの高い人は、自分を低めれば他人からバカにされると考えて、謙虚さを持てません。

しかし実際は、謙虚さを示して自分を低くするほうが、人からの尊敬と尊重を得られるのです。

もちろん、そのような評価を受けるには、長い時間がかかるでしょう。

そうした時間も人格陶冶には必要です。

これまでの接し方を改めるための必要投資と考えなければなりません。

学生サイドでできることはないか?

力の差が歴然としているとはいえ、なんでも言いなり、なんでも耐えるでは精神が持ちません。

アカハラを完全排除することはできないとしても、それに対処する方法はあります。

記録する

記録は最低限の対処方法です。

いつ、どこで、どんなハラスメントを受けたかを克明に記録しておきましょう。

そうすることは、将来この問題を第三者に打ち明けるときの重要な参考資料となります。

ボイスレコーダーや小型カメラなども使えます。

パワハラにペン型カメラが役に立つ!ボイスレコーダーも超おすすめ!
私たちは、ハラスメントに嫌悪感を覚えます。いつまでも続くかのように思えるハラスメントにどう対処できるでしょうか。パワハラにはボイスレコーダーとペン型カメラがおすすめ!

相談する

自分が受けているアカデミックハラスメントを、ご両親にぜひ伝えてください

しかるべき対処方法を一緒に考えてくださるでしょう。

一緒に法律事務所へ相談に行ってくれるかもしれません。

迷惑をかけると言って、一人で悩むのが一番いけません

もし相談する相手がいないと感じるなら、アカハラ問題を扱っているNPOに相談することもできます。

NPOアカデミック・ハラスメントをなくすネットワークNAAH
NPO NAAH(ナア)は、大学・高専・専門学校・研究所などの学習・教育・研究・労働の場における、様々な「ハラスメント(理不尽な行為)」の発生防止と問題解決のための取組を進めています。

ハラスメントの問題を解決する確かな方法の一つは、誰かに打ち明け、一緒に問題に取り組むことです。

そのためにも、被害を記録することを忘れないでください。