職場のお局様からいじめを受けない三つの方法

お局。

江戸時代に一つの階級的立場で使われていたこの言葉、今ではネガティブな意味合いで使われています。

私の職場にも、この「お局様」リーダーがおり、これまで彼女に泣かされてきた女性は数知れず。

彼女と折り合いが悪くやめていった女性も非常に多くいます。

どの会社にも”お局”的な女性がいます。どう付き合っておられますか?

誰でもできる、彼女との上手な付き合い方を幾つか紹介します。

スポンサーリンク

一.感謝する

お局様も人の子、感謝されたり褒められたりすると嬉しいのは当たり前。

でも、そんなことをしてくれる人がほとんどいません。

そのため、どんどん性格がゆがんでしまいます。

そんな彼女を助けるために、感謝の言葉を掛けてあげてください。

どんな些細なことでも「○○さん、いつもありがとうございます。」と言うと、その一言がお局様を元気にし優しくさせます。

でもこれは、持ち上げるとかへつらうという意味ではありません。

心から感謝してみましょう。

SONY DSC

二.言われたことはしっかり覚える

基本、仕事ができるお局様は効率的に仕事をこなします。

ですから、彼女が指示していることをできるだけきっちり覚えましょう。

「何回言ったら分かるの」と言われないようにしましょう。

大抵仕事ができる人は自分ができるんだから他の人もできると思っています。(悪気がないと思いますが…。)

もし何回も同じことで注意を受けていると、どんどん信用されなくなり、それ以外のことでも何かと文句を言われかねません。

三.自分をしっかり持つ

お局様は自分に対する攻撃とみなさない限り、意見を述べる人を高く評価します。

自分の基準を持っていることは、身の守りになります。優柔不断ではないということです。

八方美人的な対応は、かえって信頼を失います。

自分の意見が少数派でも基準を擁護できる人は、いざという時に信頼されます。

あとがき

人間関係はいつの時代も難しいものです。

しかし、上に挙げたことを一つでもできるなら、上手に人間関係を築くことができます。

お局様とも上手に付き合って、快適な職場ライフをお過ごしください。