職場の雰囲気を変える5+αのコミュニケーション

雰囲気の良い職場、悪い職場の違いは何でしょうか?

職場の雰囲気を明るくする7つのコミュニケーション術をご紹介します。

atmosphere-of-the-workplace

スポンサーリンク

気持ちのよい挨拶をする

職場には、スマホを見ながら挨拶する人もいます。こんな非常識な人はほとんどいないかもしれませんが…。

挨拶の声が小さい人はいます。

こんな挨拶では人はさわやかな気持ちになりません。

朝の挨拶は、人に対する気遣いの表われです。

たかが挨拶、されど挨拶です。

大事なのは、相手にとって気持ちのよい挨拶です。

ていねいな言葉遣い

親しみを表現できると思ってタメ口で話す人がいます。

態度が馴れ馴れしい人もいます。

「親しき仲にも礼儀あり」ということわざがあります。

礼儀があるとは、よそよそしい態度ではありません。親切な態度、敬意を示した話し方です。

そのような相手に対する敬意が親しさを深めます。

礼儀がある人は、威圧的な攻撃的な話し方をしません。

相手を傷つける言葉が飛び交わなければ、職場の雰囲気は当然よくなります。

聞き上手になる

コミュニケーションは組織の血液です。

血管が詰まると命に危険が及ぶのと同じように、コミュニケーションが不足すると会社全体の運営に大きな弊害が及びます。

上手なコミュニケーションの取り方とは、聞き上手になることです。

聞き上手な人は、聞いている内容だけでなく、話している相手の感情や意図を理解しようとします。

目を見て聞く、相づちを打つ、反復するなど、話を真剣に聞いていることを表わします。

これらは相手に対する尊重の表現です。

率直な意見に腹を立てない

同僚や上司が時には部下から率直な意見をいわれると、気分を害するかもしれません。

そこで腹を立てるなら、職場の雰囲気は悪くなってしまいます。

正当な意見に対してメンツを気にするのは、狭量な人間のすることです。

意見に感謝し、改善を図りましょう。

そうすれば、よりスムーズなコミュニケーションが取れるようになります。

意見を言ってくれた相手に対して、決して悪感情を抱かないようにしましょう。

相手の欠点を大目に見る

人間だれでもその人特有のクセがあります。

欠点がない人はいません。

自分にも欠点があるので相手の欠点は大目に見ましょう。

ミスや欠点を指摘してばかりいると職場の雰囲気は悪くなります。

これは大きな欠点を見過ごすということではありません。

見過ごせない欠点は当人と話し合うべきです。

当人と直接話し合うのであって、ほかの同僚に言うことではありません。

もしこれをするなら、ふたりの関係は確実に悪くなるでしょう。

ただし、ほとんどのことは目をつぶることができる、ささいなものではないでしょうか。

「心の大きい」人間になれるよう頑張りましょう。

よく褒める

相手の欠点ではなく、良いところを見てほめましょう。

不思議なことに、「他の人をほめる」ことにほとんどの人は慣れていません。

ほめることは進歩につながります。

人にはそれぞれ自分にはない良い点があることを認めて、それを褒めるなら職場は和みます。

一つの仕事が終われば、そのたびに感謝とねぎらいの言葉をかけましょう。

「仕事なんだから、できて当たり前」という考えはストレスを与えます。

人は褒められると、脳が活性化し向上心を持つようになります。

つまり、褒め言葉は、職場の雰囲気をよくすると共に仕事の能率も向上させます。

自分の交友エリアを広げる

自分と好みの合う人だけでなく、自分とは異なる人とも積極的に話すようにしましょう。

最初は大変かもしれませんが、いろんな人に合わせられる人になれば、問題が生じたときに、誤解を減らすことができます。

人間関係のいざこざは仕事の効率を下げるので、今のうちに職場のすべての人と親しくなっておきましょう。

atmosphere-of-the-workplace

職場の雰囲気がよければ、仕事の効率は上がり会社も経済的な利益を受けます。

人生の中で大半を過ごす職場、できる限り気持ちよく過ごしたいですよね。

その鍵は、自分が握っています。

簡単なことほど、実行するのが難しいといわれますが、するかしないかで大きな差が生まれるのも事実です。

今日から、快適な職場ライフをお過ごしください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク