謝る-モラハラ予防や同僚とのトラブル解決のために

謝罪する、というのは本当に勇気が要ります。

自分の過ちを認めるのは、人間にとって非常に難しいことです。

謝罪の気持ちを、どのように上手に相手に伝えることができるでしょうか?

スポンサーリンク

はじめに

これまで仲の良かった二人が、あることをきっかけで、急に関係が緊張するというのは、よくあることです。

故意でなかったとしても、自分の言動が相手の気分を害してしまった場合、関係を修復させるためにできることは何でしょうか?

謝るのが難しいのはなぜ?

まず最初に考えたいのは、謝ることが時に難しいのはなぜでしょうか?

謝る機会がなかなかない

普通、傷つけられた側は傷つけた側を避けます。

そのため、謝りたいのに謝れないということがあります。

すぐに謝ることができたのに謝らなかった

相手に受け入れてもらえないのではないかという不安で、謝るタイミングを逃してしまったということもあります。

謝るのに必要なこと

理由はどうあれ、謝罪する気持ちは伝えなければ伝わりません。

では、どのようにその気持ちを伝えたらよいでしょうか?

してはいけないこと

よく見かけるケースとして、メールやLINEで「ごめんなさい」と言う人がいます。

絵文字を使えば、誠実さが伝わると思っている人もいます。

しかし、本当に誠実さが伝わるでしょうか?

反対の立場で考えたとき、それがよく分かります。

謝罪をメールですまそうとされると、どんな気持ちになるでしょうか?

相手の誠実さが伝わってくるでしょうか?

謝ることには、声の調子や態度も関係します。

それによって、相手はこちらが心から謝っているかどうかが判断できます。

極端なことを言えば、メールやLINEならソファーに寝転びながら、テレビを見ながらでもできます。

相手に見えていないわけですから。

これでは、文字ではすごく謝っていても、本当に心から謝っているかどうかは分かりません。

つまり、謝るときには、相手に自分の誠実さがはっきり見える形で、表わさなければなりません。

一番良いのは面と向かって謝ることです。

apologize1

相手の反応を軽く見ない

二人の関係がこじれる原因の一つは、相手の反応を大げさだと思ってしまうこと。

「こんなことで、何でだよ…」と思う気持ちを抑えましょう。

相手の反応を軽く見てはいけません。

不快に思った相手の気持ちをしっかり受け止め、勇気を出して謝りましょう。

言い訳をしながら謝るのをやめる

勇気を出して「ごめんなさい」と言った後、すぐに「でもね、分かってほしいんだけど…」と続けてしまう人がいます。

自分がなぜそうしたのかを説明したくなる気持ちは分かります。

しかし、すぐにそれをしてしまうと、相手からは自己弁護にしか聞こえません。

「自分はあなたにこういう悪いことをした。ごめんなさい、許してください。」とはっきり言えるようになりたいですね。

自分のメンツはなくなりますが、仲直りできる可能性は高くなります。

間違いを間違いとしてはっきり認め誠実に謝るなら、相手はその気持ちを尊重してくれます。

あとがき

謝ることは勇気が要ります。

謝るのを先延ばしにすれば、謝ることが難しくなります。

相手に申し訳なかったと思っているなら、すぐに行動しましょう。