【下園壮太プチ認知療法DVD】うつ症状を緩和改善できると評判


うつ病の症状に苦しむ人が年々増えています。

日本のうつ人口は世界的に見ると低いようですが、それでも人口の3~4%(400万~600万)ほどの人が患っています。

うつの症状はそれに苦しんでいる人しか分からないと言われますが、実際なかなか理解してもらえません。

うつ状態から可能な限り早く回復するための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

日本人のうつの原因や症状

原因はさまざまで、パワハラやモラハラなどのハラスメントによるもの、児童虐待や毒親、DVによるもの、浮気や不倫、離婚によるものもあります。

職場での人間関係、仕事のしすぎ、夫婦の不仲、ぎくしゃくした親子関係、親による虐待など、うつを引き起こす要因はいたるところにあります。

今の日本社会はうつになる環境がいわば整っていると言えるかもしれません。

それほどうつは簡単になります。

うつになると、その症状は精神的なものから身体的なものまで人によってそれぞれ異なります。

プチうつと言われるような軽度のうつもあれば、それこそベッドから起き上がれない、自殺願望がよぎるなど、かなり進行したうつもあります。

頭痛や食欲不振など、一見うつとは見分けがつかないものが症状として表われることもあります。

そのため「単に調子が悪いのかな」と判断し、自分がうつになっているとは気付かず、状態が少しずつ悪化していく場合もあります。

日本人は「頑張りすぎる」「溜め込みすぎる」傾向が強いと言われています。

実際、問題があっても文句を言わず黙々と頑張るのが美徳とされています。

「人一倍頑張っている」ことが暗に求められます。

こうした環境では、自分の限界を超えていてもそれをアピールすることができません。

期待に応えることができなかった後の周りの反応を恐れたり、競争社会の中で落伍者になることを恐れます。

うつへの不安

うつは決して人生の失敗ではなく惨めな状態でもありません。

本当は隠す必要などないものです。

最近は、うつはだれでもかかるものと認知されてきました。

働き盛りのサラリーマンや妊婦、子育てをしている主婦、学生、定年退職をした年配の方など、どの背景の人でもかかる可能性があります。

それでも、うつにかかったことを人に話すのに気後れを感じる人は今でも少なくありません。

たとえば自分の家族の誰かがうつになったとすれば、本人も家族のほかのみんなも他の人には隠そうとします。

これは周りの不認識が大きく影響しています。

うつになった人をどこかほかの人とは違うと見る傾向が未だに根強いのが現状です。

「家庭に何か問題があったんじゃないか」と勘ぐられるのを恐れます。

病院に通っているというだけで変な噂を立てられることがあるため、多くの人は病院にも通いたがりません。

確かに、心療内科や精神科に通っていることを人に話すのは非常に勇気がいります。

自分がどう思われるかが非常に気になります。

ただ現在はっきりしているのは、人がうつにかかるのは性格上の欠点や弱点が要因ではないということです。

ですから、うつにかかった原因としてその人の性格を批判したり何か当人にまずい点があると思わせるような発言をしたりするのは大いに間違っています。

うつになる主な原因は疲れやストレスです。

周りの理解が大切

先程も述べたように、うつにかかっている人は周りの理解を得られないのではないかと不安を抱えます。

そのため、緩和改善には当人の努力だけでなく周りの支えと理解が非常に大切です。

周りの人が理解してくれていると知っているだけで大きな安心感を持てるのです。

それで、もし身近な人がうつであることを勇気を出して伝えてくれたなら、それを真摯に受け止めましょう。

うつになった人が日常でできること

  1. リラックスタイムを作る
  2. 夜遅くまで起きず、睡眠をしっかり取る
  3. 栄養バランスの取れた食事をし、ジャンクフードは控える
  4. 自分を安心させてくれる家族や仲間と一緒にいるようにする
  5. 運動する

うつをできるだけ早期発見して重くなるのを防ぎましょう。

たとえば職場でのパワハラが影響しているのであれば、部署異動を願い出てみる、もしくは仕事そのものを変えて転職することが解決策になることもあるので、そういう方向性を考えてみるのも一つの手です。

毒親との関係が問題の根になっているのなら、離れて暮らすことや関係を最低限なものにするなどによって症状が緩和されることがあります。

自分の思い通りにならないと怒り出す、キレると止まらないモラハラ夫と一緒にいると心が憂うつになります。

浮気や離婚によるうつは長期に及ぶことがあります。

周りのサポートを受け入れ、自分の気持ちを吐露する場所を見つけることが助けになる場合があります。

おすすめ 下園壮太のプチ認知療法

自分のうつ症状を素直に認め、治療を始める人は非常に勇気のある人で賞賛に値します。

しかし治療を始めたもののいつ治るのか、本当に快方に向かっているのかが分からなくて焦りや怒りの気持ちが出てくるときもあります。

実際ずっと薬を飲んでいるけど治ったとは実感できない、カウンセリングを受けても変化を体感できないと言われる方が多いというのも事実です。

うつは最悪の状態からは抜け出しリハビリ期と言われる時期、「良くなっているように見えるけどね、もう治ったんじゃんない」と周りから見られるような時期が一番もどかしく感じます。

「そうじゃない、まだまだツライんだ~」と叫びたくなります。

そこで、こういう方にはもちろんですが、『病院に通うほどではないけど、心がしんどい、疲れている、ストレスが溜まっている、何とかしたい』という方にも試してほしいのが、感情ケアトレーナー下園壮太先生の自宅でできるうつ症状緩和法です。

感情ケアトレーナー 下園壮太

彼は以前自衛隊のメンタル教官だったこともあり、現在はメンタルレスキュー協会の理事長を務めています。

カウンセリング、うつ、自殺予防、惨事対応、メンタルトレーニング、リーダーシップトレーニングを専門としています。

近況としては、プレジデントウーマン2017年12月号の特集「やめ方・断ち方」24のコツ[MENTAL]の中でインタビュー記事が掲載されています。

プチ認知療法とは

うつ症状の緩和改善・治療には薬物療法・食事療法・心理療法などが用いられますが、彼の専門は心理療法です。

いま一番よく使われている心理療法は認知行動療法ですが、自分の考えの歪みを意識的に変える訓練をするこの方法はかなりのエネルギーを要します。

回復期のうつを抱えている人にとってはけっこう辛い作業であり、途中で投げ出してしまう人も少なくありません。

そこで下園先生が提唱しているのが「プチ認知療法」です。

これも考え方を変えるための手法ですが、手軽に実行できる簡単なワークを繰り返すことによって精神に大きな負担をかけることなく自然と考え方を改善していくというものです。

2枚のDVD3時間分の内容が収録されていて、単なる学術的な理論ではなく、現場で実際に効果があった手法がまとめられています。

下園先生がDVDの中で使っている資料一式だけでなく、体の緊張をほぐす方法やツボ療法の資料も一緒に送付されます。

うつの症状は体の歪みとも大きな関係があるので、心だけでなく体のケアも重要です。

だれでもうつになります。

うつになったら、そこから焦らずゆっくりと回復の階段を登っていけばいいだけのことです。

疲れたら休めばいいのです。

頑張らなくていいのです。

症状を緩和し心を癒やすコツを学んでください。

公式申込みサイト


スポンサーリンク

シェアに感謝します

フォローに感謝します

スポンサーリンク