【モラハラ夫との付き合い方】夫がすぐにキレて怒るのは妻が悪いから?


夫がモラハラをするのは誰のせい?

私のせいで夫はモラハラ行為をするの?

夫が被害者?

多くの女性が疑問を持ちます。

スポンサーリンク

はじめに

モラハラは簡単に言えば、家庭内暴力です。

つまり先ほどの答えがもう既に出てしまったのですが、もう少し話を進めます。

モラハラは人を精神的に攻撃し、目には見えない多くの傷を残します。

見えないとしても、その傷は非常に深く一生消えないこともあります。

ここで、モラハラ夫に対する多くの人の誤解を一つ取り上げましょう。

多くの人が誤解していること

モラハラをする夫は、だれにでもモラハラ行為をする。

どうでしょうか?

そうとは言えない、が答え。

興味深いことに、通常モラハラ夫は他人との付き合いに問題がありません。

周りの人が奥さんに「こんなご主人と結婚できて、あなた幸せね」とさえ言われることもあります。

しかし、一旦家に中に入ると豹変します。

先ほどの笑顔はどこへやら。

途端に態度が変わり、妻に無理難題を要求し馬鹿呼ばわりします。

その豹変ぶりに多くの女性は戸惑い、苦しみます。

モラハラ夫の特徴

上で取り上げたように、多くのモラハラ夫が「ジギルとハイド」の傾向を持っています。

「非常に良い人」に見えるのに「非常に凶暴なもの」を内に秘めています。

妻が自分の要求に応えられないと言葉で苦しめ追い詰めます。

妻の反応

妻は夫の要求に応えられない自分を責め、要求がどんなに理不尽に思えても、「あんなに怒るのは、やはり自分が上手にできてないから」という考えに徐々に頭が支配され始めます。

こうして、モラハラ夫が優位に立つ生活が成り立っていきます。

モラハラって何だった?

では、ここでもう一度おさらいです。

モラハラとは一体なんでしょうか?

それは暴力、言葉による暴力です。

さて暴力を振るう人と振るわれる人では、どちらが悪いのでしょうか?

答えは明らかです。

暴力を振るう人は決して自分の暴力を正当化できません。

モラハラも同じです。

妻の感情や精神に暴力を振るう夫は、決して自分のモラハラを正当化できません。

ですからモラハラを受けているとき、相手がどんな理屈を言ってきたとしても相手が悪いのです。

モラハラを受けているあなたは、決して悪くないのです

この事実を心から受け入れて初めて、モラハラに対処していくことができます。

「自分が悪いから」という考えを今ココで捨て去ってください。

あなたは悪くないのです

まとめ

確かに、いろいろな家庭があります。

しかし、家庭の中にモラハラ=暴力が許される余地はありません。

暴力を受けているとき、「自分が悪いからひどいことを言われても仕方がない」とは決して思ってはいけません。

自分の心を守りましょう。そこからがスタートです。