【モラハラ夫対処法】モラハラ夫はいじめっ子。話し方で態度が変わる?

morahara-opinion
モラハラ夫は妻が何も言わない相手だと分かると、モラハラ夫はそれに付け入ります。

ですから、黙ったままでいては、何も解決しません。

スポンサーリンク

いじめっ子の心理

子どもの頃、よくいじられていた子がいました。

その子はいつも黙って下を向いていました。

怖い気持ちと闘っていたんだと思います。

どうしたらよいか分からなかったのかもしれません。

ただそういう子に対して、まわりのいじめっ子は、この時ぞばかりとずっといじめるのです。

なぜなら自分は反撃されないこと、絶対安全圏にいることが分かるからです。

この優位性を得た人は、大人でも子どもでもそれを楽しむようになります。

手放したいとは思いません。

ストレス解消のちょうどいいはけ口になるからです。

モラハラ夫の心理

これがモラハラ夫の特徴の一つです。

妻が何も言わない相手だと分かると、それに付け入ります。

愛し合って結婚したはずの夫婦なのに、なぜそうなるのでしょうか?

なぜなら、この人間社会において反撃を受けない状況などそう滅多にないからです。

会社では上司から先方からいろいろ要求され、それこそ自分のしたいことができず言いたいことも言えず、イライラすることが多いわけです。

そんな時に、自分がしたいようにしても言いたいことを言っても、反撃を受けない状況が巡ってきたら、どうでしょうか?

ストレス解消のちょうどいいはけ口になるでしょう。

モラハラをする夫は、そのことに”味をしめる”と、何回もそれを利用します。

ですから、夫のしていることや言っていることに疑問がある場合、黙っていることは解決策にはなりません。

毅然と立ち向かわないといけないのです。

モラハラ夫に対してできること

もちろんそれは簡単なことではありません。

しかし、この悪循環をどこかで断ち切らないと、毎日が緊張とストレスの修羅場と化してしまいます。

最悪、自分も同じように子どもに当たってしまうかもしれません。

それは絶対に避けたいことです。

では、こんな夫にどう話せばいいのでしょうか?

話の切り出し方

人間の反応はそれぞれなので、こうすれば百パーセントうまくいくという方法はありませんが、こうすれば、絶対うまくいかないという方法はあります。

感情に任せて話すと、相手の防御本能を呼び起こすだけです。

話すときは、冷静でなければなりません。

反抗的であると思われないようにしましょう。

夫の意見を受け入れたくない・聞きたくないと言っているのではなく、態度や特に言い方にいたわりがほしいだけということを、辛抱強く伝えます。

「私を愛しているのならそういう言い方をしないでほしい、そのような態度は傷つく」ということを、丁寧に話しましょう。

批判しているという口ぶりは決してしないようにしましょう。

いつ話すか

いつ話すのがいいでしょうか?

一番いいのはリラックスしている時ですが、いつ豹変するか分からない相手にタイミングを計るというのは非常に難しいですね。

こういう話をし始めたら、すぐ機嫌が悪くなるのは目に見えていますから。

夫に対して、日ごろの感謝を伝えて、よく褒めて、いい気持ちにさせてから話し始めるのが良いかと思います。

モラハラ夫への影響

何も言わなかった相手から指摘を受けると、夫はかなりの動揺を感じるでしょう。

でもそれが夫に必要なのです。

自分がしていることが、どれだけパートナーを傷つけているのかを学ばなければなりません。

それが彼の成長につながるのです。

精神的に”子ども”な状態から真の大人へと成長できるのです。

なやんでるくん
モラハラ夫は精神的に子どもなんだね。
ほんわかとくん
そうだよ。相手をいたわる心を持っていないんだからね。頭は賢いとしても心は子ども。
なやんでるくん
そんな人とうまくやっていくなんて難しいね。
ほんわかとくん
ホント大変だと思うよ。
なやんでるくん
話し合ってもうまくいかないときはどうすればいいの?
ほんわかとくん
そうだね。それぞれの家庭の状況によって変わってくると思うけど、役立つメソッドがあるからそれを見てほしいな。
なやんでるくん
分かった。