夫が職場で上司のパワハラ被害に遭っているか見分ける方法


あなたの夫が会社で上司からのパワハラを受けているかもしれないなら、どんな兆候が見られるでしょうか。

妻として何ができるでしょうか?

家族を守り、日夜働いている夫を支えるためにできることがあります。

スポンサーリンク

ストレスの兆候を見落とさない

上司のパワハラを受けているなら、職場でかなりのストレスを抱えているはずです。

しかし家族に心配をかけたくないという一心で、それを口に出して言わないかもしれません。

「今日も残業があるから遅くなるよ」と言って、毎日出勤します。

最近やけに休日出勤が多いので尋ねても「大きいプロジェクトが動いているから仕方がないんだ」と言うだけです。

詳しいことは教えてくれませんが、あなたは夫のことが気になって仕方ありません。

こういうときは、パワハラ被害に遭っているかもしれない兆候に細心の注意を払いましょう。

精神的なストレスは、生活に必ず何らかの歪みを生じさせます。

たとえば以下のようなことが起きていないかチェックしてみてください。

ボーとしていることが増えた

精神的ストレスは頭の回転を鈍くします

ふと気がつくと、何もしないでボーとしていることが増えていないでしょうか?

または物忘れが増えているような気がしますか?

計算ミスが多い、読み間違いが多い、話したことやさっきしたことを覚えていないetc.

40代,50代になると、これらは老化現象の一つとして表われる場合がありますが、まだ年齢的に若いのであれば注意を要します。

寝つきが悪い

精神的ストレスは睡眠障害を引き起こします

寝つきが悪くなったり寝ていても眠りが浅かったりします。

以前より寝返りをよくうつようになっていないでしょうか?

歯ぎしりをしていないでしょうか?

歯ぎしりのほとんどの原因はストレスです。

以前はかいていなかったのに、最近いびきをかくようになったのであればそれもストレスが原因となっている可能性が高いでしょう。

寝ていても頭や体が休まっていないため、次の日も気持ちがどんよりとします。

そんな疲れた状態で出勤してもパフォーマンスの高い仕事ができるはずもありません。

パワハラ上司の餌食になりに行くようなものです。

食欲がなくなった

精神的ストレスは食欲を減退させます

好きな食事をリクエストすることが以前より少なくなった、食べる量が減った、こうした兆候はないでしょうか?

お昼ごはんに最近何を食べているのか聞いてみるのもよいでしょう。

簡単な食事しか取っていないなら、食べる時間がないほど仕事を回されているのかもしれません。

よく怒るようになった

精神的ストレスは怒りをコントロールする機能を低下させます

自分の許容範囲が狭くなり、すぐにイライラするようになります。

耐える力が著しく低下しているので、感情がすぐにキャパオーバーになってしまいます。

当人もなぜこんなに怒るようになったのか十分理解できていないことも少なくありません。

怒っても怒りが昇華されることはないので、ますますイライラします。

最近どうも言葉が厳しくなったように感じますか?

よくムスッとするようになりましたか?

笑顔が少なくなりましたか?

最近自分がよく叱られるようになったと感じたら、もしかして会社でパワハラに遭っているのかしらと考えてみてください。

自分が味方であることを知ってもらう

あなたは夫が会社でどんな大変な状況にあろうとも味方であり続けたいと思っておられるでしょう。

それは非常に立派なことです。

それをどうぞ言葉にして、ご主人に伝えてあげてください。

手紙を書くのはとても効果的です。

「今の時代に古臭い」とは思わないでください。

手紙は一生心に残るものであり、何度も読み返すことができます。

LINEやメールでは決してできないことがあります。

紙に残っている筆圧感、少々クセのある字、字の太さ細さ、こうしたものが人間味のある温かい感情や気遣いを伝えます

それはまさに今あなたのご主人が必要としているものでしょう。

あなたの愛情、あなたの心配、あなたの信頼を紙とペンで伝えてあげてください。

あなたの心配が伝われば、ご主人も今自分の身に何が起こっているのかを少しずつ話してくれるようになるかもしれません。

転職や退職のことも実は考えているかもしれません。

それを思い悩んでいたかもしれません。

そうしたことを話題にするきっかけを生み出すかもしれないのが手紙です。

ご主人はあなたの愛情に心から感謝することでしょう。

夫がパワハラを受けていることが分かれば

ご主人にとってあなたは何よりの助けです。

いままで自分ひとりで抱えていた問題を理解してくれる強力なパートナーを得たのです。

それはあなたの生活に多少なりの変化を、つまりストレスを与えることになるでしょう。

しかしそれでも、あなたは夫と苦しみを共有できることを喜んでいるかもしれません。

なぜなら、ご主人はあなたを信頼して自分の苦しみを吐露してくれたからです。

これからは二人で話し合って問題に対処していくことができます。

退職することになれば当面の生活はどうなるでしょうか?

転職すれば年収が下がってしまうでしょうか?

もし転職することに決めれば、あなたは年収が多少下がることよりも夫の健康が回復すること、気持ちを楽にして仕事ができることのほうを喜ぶのではないでしょうか。

転職を早くするようにと無理に勧めることはないとしても、妻として何かできることはないかと情報を探すかもしれません。

当サイトでもいくらかの情報を提供していますので、良ければ参考になさってください。

【30代のパワハラ被害】退職前に転職エージェントで相談を
30代で経験も実績もあるのに上司から突然のパワハラ。終わらないパワハラに転職しかないように思えます。30代での転職は年収やキャリアのことも考えて退職前に転職エージェントを利用するのがベストです。

うつになる前に

職場のパワハラを受け続けるなら、人はほとんど確実にうつを患います。

うつは自分の身を守ろうとする正常な防御反応です。

ただそれが重くなると生活に大きな影響が出ます。

元の状態に戻るのにより多くの時間がかかるようになります。

ですから早期発見が非常に重要です。

そのためにもご主人の状態をよく観察し、異変を感じたら早めに対処してあげてください。