アダルトチルドレンの特徴を知ってACに対する理解を深めよう


「自分はほかの人とはどこか違う」と思うことがありますか?

なぜ、ほかの人と上手にコミュケーションを取れないのだろう?

みんなの輪に入っていくと、どうしていつも浮いてしまうのだろう?

自分はアダルトチルドレンなんだろうか?

そもそもACってどんな特徴があるの?

今回は、そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

アダルトチルドレン(AC)に対する誤解

巷で一般的に認識されているアダルトチルドレンとは、「子どものまま大人になった人」もしくは「大人になりきれていない人」、そのため「わがままなところがある人」、こんな感じです。

この否定的な見方は、アダルトチルドレンを正しく伝えていません。

また、本当にアダルトチルドレンである人たちを苦しめます。

なぜなら、こうした誤解が偏見や批判につながるからです。

では、アダルトチルドレンとは、一体どういう人のことを言うのでしょうか。

アダルトチルドレン(AC)とは?

アダルトチルドレンは、当人が好き好んでなるわけではありません。

それは、外的な要素が大きく関係しています。

家庭環境や周りの状況ゆえに、愛情や正しいしつけを受けることができず、子どもらしさを表現することを許されずに育った場合、アダルトチルドレンになる可能性が高くなります。

その人の心には、強烈なトラウマが残っており、それが大人になった今でも、人間関係に影響を与えます。

子どもにトラウマを与えかねない家庭環境とは?
子どもの家庭環境は、彼らの今後に大きな影響力を持ちます。もし家庭環境によって、大きなトラウマを抱えるとしたら、子どもの心の正常な発育は妨げられます。今回は、子どもの心を傷つける家庭環境とはどういうものなのか、ご紹介します。

ただ、自分がアダルトチルドレンだと自覚していない場合は、自分がほかの人と違う理由が過去と関係があるとは想像もできず、非常に苦しみます。

では、アダルトチルドレンの人には、どんな特徴が見受けられるでしょうか?

アダルトチルドレン(AC)の特徴

情緒が不安定

うつ的であったり、ちょっとしたことですぐに怒りが爆発したりします。

自分を傷つける行為を繰り返したり、自殺願望があったりします。

生活に悪影響を与える習慣から抜け出せない傾向があります。

周りの人からすれば危険と思えることでもしてしまう、暴走的なところがあります。

自己を否定する

無気力感にさいなまされます。

何が起きても、自分が悪いと思ってしまう傾向があります。

自分は人と同じではないので恥ずかしい存在だ、と感じてしまいます。

自分は生きていても仕方がない、生きる価値がないと思ってしまいます。

人間関係の損傷

人を信じたり、信頼したりすることを難しく感じます。

自分よりパワーがないと思える人に、支配的・攻撃的になることがあります。

自分の価値を認めることができないので、ほかの人の侵害を簡単に許してしまいます。

自分がアダルトチルドレン(AC)と思えるなら

上記のすべての特徴を持っている人が、アダルトチルドレンということではありません。

アダルトチルドレンには、こうした特徴がよく見られるということです。

それで、もし自分にも当てはまる特徴があるなら、一度心療内科や精神内科で確認してもらうと良いでしょう。

今後の生活に必要なアドバイスをもらうことができます。

人間関係を改善する上で、自分が本当にアダルトチルドレンかどうか、もし本当にそうなら、それを自覚することが、とても大切です。

アダルトチルドレンであることは、決して恥ずかしいことではありません。

それは不可抗力の要素が多く、自ら好き好んでなったわけではないからです。

回復する方法があります。

希望を持ってください。