モラハラ夫、仕事ミスして帰宅。身勝手な八つ当たりをするな!

家族に八つ当たりをするモラハラ夫。

仕事がうまくいかなかった、上司に怒鳴られた、契約先から契約を打ち切られた。

こうしたマイナス要素を、上手に処理できない、身勝手なモラハラ夫がすることは、以下の三つです。

photo by englishme community

outburst-of-anger4

スポンサーリンク

ミスしたときこそ仕事に打ち込む

ミスしたときこそ、自分の仕事に一生懸命に取り組むべきではないでしょうか。

「こんな仕事は始めからしたくなかった」とか「ここでは自分の能力を発揮できない」と言うのは、自分の非を認めていないのと同じです。

ミスをして注意されたら嫌な気持ちになりますが、それを糧に前に進まなければなりません。

こうした努力が、人を強くし、信頼される人間へと成長させてくれます。

もしそうしないなら、いつまでたっても、不平不満を言うだけの人生を送ることになるでしょう。

家族にイライラをぶつける道理はない

自分がミスをしたのは、家族のせいでしょうか?

イライラを家族に向けるのはお門違いであり、真正面から失敗を見ることができない弱い人間がすることです。

すべきことは、自分のミスから何を学んだかを伝えること。

モラハラ夫が、自分のミスを家族に話すことなど想像しにくいですが…。

モラハラ夫は、失敗を話せば自分の価値が下がる、バカにされると思っています。

なぜなら、ミスをする家族を自分がバカにしているから。

本当は、素直に自分の出来てなさを表わせば、家族からもっと信頼されます。

「自分のミスではない」「他の人間がもっときっちりしておけば」みないなことばかり言っていると、周りから見放されます。

謙虚さが大事です。

家族に感謝する

家族は、イライラのはけ口ではなく、感謝の対象となるべきです。

家族への感謝を表わしましょう。

「自分に支えは必要ない、家族はこれまで自分一人で養ってきた」と大きな勘違いをしているモラハラ夫が多すぎます。

わがままなあなたを支えてくれている奥さんのの存在を、当然のものと思っていませんか。

彼女に対してすべきなのは、注意ではなく、感謝です。

outburst-of-anger-2

モラハラ夫は、早く自分の間違いに気づき、家族に謝罪しましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク