仕事にやりがいありますか?留まるべき?転職?仕事を楽しむ3つの方法


今している仕事を楽しんでいますか?

仕事はつらいもの、しんどいものと思っていますか?

面白くないから、転職を考えていますか?

もしそうなら、新しい仕事を見つけても、遅かれ早かれ、同じように面白くないと感じるようになるでしょう。

なぜなら、仕事を変えても、仕事に対する考え方が変わっていないからです。

考え方を変えるだけで、今の仕事でも十分楽しめるようになります。

今回は、仕事に対する取り組み方を、3つの点に絞って考えます。

スポンサーリンク

仕事を進んでする

今の仕事が好き、という人ならともかく、好きでもない仕事をどうやったら進んでできるようになるのか?それができれば苦労はしない。

おっしゃるとおりです。

「やらないといけないから」「仕事が残るからする」というのが、本音ではないでしょうか。

ただ、ほとんどの人が認めるように、このやらされている感で仕事をすると、仕事がなかなか終わりません。

質のよい仕事もできません。

質のよい仕事ができなければ、その仕事を好きになれません。

つまり、仕事を進んでするようになるポイントは、質の高い仕事をすることです。

好きな仕事なら、質の高い仕事ができると思うかもしれませんが、好きでない仕事でも、それは可能です。

与えられている仕事、任されている仕事の中には、自分の得意を発揮できる分野が、一つや二つあるはずです。

計算が得意、文章作成が得意、地図が得意など。

自分の長所を、その仕事に出し惜しみすることなく、存分に活用してください。

出し惜しみをしない、これがポイントです。

質の高い仕事を目指せば、好きでない仕事でも自主的にできるようになります。

仕事の主人になりましょう

進んでするなら、主人になれます。

自分の成長を意識する

仕事は、どんなものでも、人の成長を促します。

自分の得意とする分野を成長させてくれます。

潜在能力を引き出してもくれます。

同時に、苦手な部分も分かるようになります。

長所を、仕事に出し惜しみしないことに加え、苦手分野に取り組みましょう。

自分の幅を広げる、またとないチャンスです。

苦手分野に取り組めば、自分の可能性を広げることができます

なぜ苦手なのか、どうして苦手意識を持つようになったのか、どうすれば改善できるか、こうした思考パターンを培えば、問題解決能力も伸びます。

困難に立ち向かう能力は、人生を生きていく上で不可欠です。

何の問題もなく、人生を送れる人はいないからです。

この仕事を通して、私は自分のこの部分を成長させる

このような明確な目標を持つと、仕事に対するやる気が生まれます。

報酬以外に目を向ける

仕事をする目的は、報酬を得る、つまりお金をもらうことですが、それが仕事をする第一の目的になると、嫌いな仕事は嫌いな仕事のまま、好きになることはできません。

モチベーションを保つには、報酬以外の目的をもつ必要があります。

今している仕事は、だれの役に立っていますか?

この仕事は、だれを助けているだろうか?どうすれば、その人たちがもっと喜ぶだろうか?

報酬以外の、こうした高尚な目的を持てば、今している仕事は本当にやりがいのあるものになります。

仕事は、考え方・取り組み方次第で、随分変わります。

したい仕事をしていないから、自分は幸せではないと思わないでください。

あなたがしている今の仕事も、人の役に立っているのです。


Pick Up

転職はヒューマンスキルが必須。今の職場でスキルを上げておく
転職にはヒューマンスキルが必須です。今の職場から早く離れたいとしてもスキルを上げておかないと、転職活動はなかなかうまくいきません。今ヒューマンスキルをあげることが転職を成功させるカギです。
スポンサーリンク

シェアに感謝します

フォローありがとうございます

スポンサーリンク