子どもをアダルトチルドレンにしやすい3タイプの毒親の特徴

子どもの家庭環境は、彼らの今後に大きな影響力を持ちます。

もし家庭環境によって、大きなトラウマを抱えるとしたら、子どもの心の正常な発育は妨げられます。

今回は、子どもの心を傷つける家庭環境とはどういうものなのか、ご紹介します。

スポンサーリンク

子どもの心にトラウマを残しかねない家庭環境

子どもの心は、安全な場所で、愛情に包まれ、認められていると実感できるとき、すくすくと成長していきます。

しかし残念なことに、そのような環境を、すべての家庭が提供しているわけではありません。

子どもの心の成長にとって、理想的でない家庭環境があります。

依存症を抱えている親

アルコールやギャンブル、薬物などに依存している親は、子どもの身体的、感情的、精神的な必要に、おおむね無頓着です。

自分の欲求や欲望に没頭しているため、子どもが適切な世話を受けているケースはまれです。

依存症を抱えている人は、感情のコントロールが難しく、激しく怒鳴り散らしたり、文字通り手をあげたりすることも、日常的にあります。

また親のどちらか、たとえば父親が依存症の場合、母親が共依存の関係になっている場合があります。

Pick Up

【アダルトチルドレン】モラハラ夫や毒親との共依存関係
モラハラ夫や毒親と共依存関係にハマっている人は、相手の要求や欲求に自分を合わせすぎて、自分の必要や本来受けても良いものさえ犠牲にします。この関係からの脱却は簡単ではありません。共依存について分かりやすくご説明します。

もし家庭の中に、共依存が存在すると、依存症を抱える相手に、配偶者が過度の思い入れをしてしまい、当人の必要がないがしろにされてしまいがちです。

それには当然、子どもたちの必要も含まれます。

ですから、依存症の親のもとで育った子どもは、心の中にトラウマを抱えやすくなります。

厳しすぎる親

子どもに対する要求が高すぎる親は、子どもにトラウマを与えかねません。

概して、そのような家庭は、努力をほめられることが少なく、さらに上を目指すことが常に求められます。

もしミスをすると、厳しくとがめられます。

結果ばかり求められると、子どものやる気はそがれ、努力するのをやめてしまいます。

いつしか、親の要求に応えられない自分を、「ダメな人間、無価値な人間だ」と思うようになり、子どもの心は大きく傷つきます。

もし親が、モラハラ体質なら、子どもにとっては大きな障害です。

大人であっても、自分に対する否定的な言葉を受け止めるのが難しいのであれば、子どもなら、なおさらです。

頭ごなしにどなる、人格を否定する、バカ呼ばわりする、「子どもだから、すぐに忘れる」と思うのではなく、子どもだからこそ、傷が深くなります。

親が使う言葉は、子どもの心に大きな影響を与えます。

基準があいまいな親

子どもには一貫性が必要です。

一貫性とは、どんな状況でも守られる基準です。

例えばしつけに関して、気分のいいときは甘やかし、気分の悪いときは厳しすぎるなら、子どもは非常に混乱します。

親の顔色を見て育つようになります。

親の気分の良し悪しではルールが変わらないのを知っていれば、子どもは安心し、感情的に安定し、ルールを大切にするようになります。

子どもの心を守る

子どもの心は柔軟で、なんでも吸収する反面、傷つけられると、大きな傷が残ります。

子どものころに受けた傷は、大人になっても消えないことがあります。

大人である私たちが、そのことを一番分かっているのではないでしょうか。

今でも苦しめられている幼少期のトラウマが、もしかするとあるかもしれません。

今の子どもに、同じような苦しみを味わってほしいとは思いません。

あなたも自分の心を癒やすことができます。


スポンサーリンク

シェアに感謝します

フォローに感謝します

スポンサーリンク