20代とは違う!30代キャリアウーマンの転職に絶対必要不可欠な条件とは?


30代は、これまで積み上げてきたキャリアに加え、これからの人生をより真剣に考える時期です。

そうした時期に、今いる職場で人間関係などのトラブルに巻き込まれているなら、転職の二文字が頭をよぎるかもしれません。

しかし、実際に行動を起こす前に、転職に求められているものを本当に持っているかを真剣に考えましょう。

スポンサーリンク

30代女性の転職に求められているもの

20代と30代の転職は大きく異なります。

20代では、進取の気性や自己成長に対する意欲など、経験値よりも当人のやる気、学習に対する前向きな態度に重きが置かれます。

マネジメント力が不可欠

30代では、今の職種での専門的な知識と実績、スキルの高さに加え、それ以上に重視されるのが、マネジメント能力です。

30代ともなれば、プロジェクトのチームリーダーという役割を任されることもあります。

そういう立場で仕事をするには、個人としての高いスキルがあるだけで不十分です。

自分の仕事を完成させればそれで良かった次元から、周りに目を配り、それぞれの業務の進捗状況を把握し、全体を見回せる感覚が必要となります。

部下に対するリーダーシップを発揮できなければなりません。

それら部下である人たちの育成に時間を割く必要があります。

彼らが困っていれば解決のために手を差し伸べ、トラブルには一緒に対処し、悩んでいれば人生相談にも乗ります。

こうして、プロジェクトが正常に進行していくのを見届ける責任を持つことにより、マネジメント能力が磨かれていきます。

企業が30代のキャリアウーマンに求めるものは、このようなマネジメント能力を持っている人材であり、マネジメント能力の有る無しが転職成功の大きなカギを握ります。

では、今いる会社でマネジメント経験がないなら、転職はしないほうがいいのでしょうか?

コミュニケーション能力を伸ばす

マネジメント能力とは、単に管理する能力だけを指しているわけではありません。

  • 他人との間で無駄なあつれきを作ることなく問題を解決できる
  • 人への気遣いができる
  • 話し合いの中で落とし所を探ることができる
  • 感情的にならず論理的に話すことができる
  • 相手を説得できる
  • 自分の主張を最後まで聞いてもらえる巧みさがある

マネジメントの主要な部分は、コミュニケーションです。

コミュニケーション能力の高い人にとって、転職活動は大きな問題にならないでしょう。

なぜなら私たちは、そうした人と一緒に仕事をしたいと自然に思っているからです。

自分を与える人になる

これまでに蓄積してきたスキルや経験を、自分より若い世代に継承しているでしょうか?

自分が経験したことを自分だけのものにしておく人は、他の人の助けを得られる機会も少なく、成長に限界があります。

成功体験や失敗体験をきっちり言語化できる人、単に起きた事実を伝えられるということではなく、そこから学んだ教訓を話せる人、その価値を会社や後輩に還元できる人であれば、どこに行っても重宝されます。

面接時に、自分が得た教訓を新しい職場でどう生かせるかを具体的に話せる人は、面接官にあなたが働いている姿をイメージさせやすいため、内定をもらえる可能性が高くなります。

まとめると、

  • マネジメント力がある
  • コミュニケーション能力が高い
  • 自分を進んで与える人である

こうした資質を持っていれば、30代での転職を有利に進めることができるでしょう。

転職活動を始める前にしておきたいこと

転職とは、自分という商品を売り込むことです

自分という商売道具がどんなものかも知らずに転職活動を始めると、安く買い叩かれてしまうか、だれも買ってくれません。

転職活動を始める前に、自分にはどんな商品価値があるかを抑えておきましょう。

そのために、しておきたいことがあります。

得意分野を知る

まず、自分のこれまでの仕事を振り返ってください。

  • これまでどんな仕事に携わってきたでしょうか?
  • その中で得意とする仕事や業務は何でしたか?

これまでのスキルと経験の抽出を行ないます。

得意分野の原因を知る

次に、なぜそれが得意なのかを考えます。

たとえば、ある友人は語学が堪能で、それを使って仕事をしています。

なぜ言語がそんなに優秀なのか聞いてみると、「特別自分が言語能力に優れているとは思わないが、人と一緒にいるのが好きだから」というのが答えでした。

彼女にとっては、人と一緒にいるのが好きという原因があり、そのおかげで語学が得意分野になったというわけです。

語学を勉強するのが好きだから、というのが原因ではない、ということです。

同じように、経理が得意な人がいるとして、その人は計算が好きというより、細かい作業が好きとか整合性が好き、といったことが原因かもしれません。

人それぞれ、得意とする分野の原因は異なります。

自分はなぜ営業が得意なのか、なぜ経理が得意なのか、なぜプレゼンが得意なのか、なぜ文書作成が得意なのか、なぜプログラミングが得意なのか、自分の得意分野に対して、なぜ?と問いかけてみましょう。

そうすると、自分の中に新たな発見があるはずです。

得意分野を活かせる場所を探す

最後に、その得意分野を他の業種や職種でも活かせる場所はないかを考えます。

そして見つかれば、その業種や職種を選ぶ目的は何かを考えます。

目的がはっきりすれば、その仕事を続けるモチベーションを保ちやすくなります。

まとめると、

  • これまでの仕事のスキルと経験の抽出を行なう
  • 得意分野を知る
  • なぜそれが得意なのかを考える
  • それを他の業種や職種でも活かせる場所はないかを考える
  • その業種や職種を選ぶ目的は何かを考える

ここまで転職のイメージが明確・鮮明であれば、転職活動を続けている間、軸がぶれるのを防げるでしょう。

こういう人こそ、転職エージェントを利用する価値があります。

「自分の得意分野が分からない」「自分は何をしたらよいか分からない」、こういう方ももちろん転職エージェントを利用します。

しかし、自分という商売道具の良さが分かっていない状態で、転職エージェントを利用しても、本当に満足のいく結果を得られるでしょうか?

自分を高く売り込むために、転職エージェントに働いてもらうのです。

そのためにも、自分の強みや弱みは理解しておかなければなりません。

自己分析に役立つリクナビNEXTのグッドポイント診断というのもあります。

これを利用するのもいいでしょう。

リクナビNEXTグッドポイント診断
グッドポイント

転職エージェントを利用するのはなぜ?

転職エージェントは、求職者と企業の間に立ち、ベストマッチングを実現するための仲介業者です。

企業からの求人情報をストックし、その求人に見合う求職者を探し、企業に紹介するのが仕事です。

彼らは、企業とすでに関係ができており、これまでの付き合いを通して、企業それぞれの傾向やクセを知っています。

ですから、履歴書や職務経歴書はどう書けば選考に通りやすいか、面接ではどう対応すればよいかを知っています。

年収交渉や待遇交渉も代行してくれます。

転職エージェントが行なうもう一つの仕事は、求職者の潜在的可能性を見つけ、転職の幅を広げることです。

当然のことながら、彼らは自分たちがストックしている求人情報の中からでしか、求職者に情報を提供できません。

ですから、ある転職エージェントが自分に合う求人を紹介できないのなら、別のエージェントのところにいきましょう。

求職者に必要なのは、自分を高く買ってくれる企業を紹介できる転職エージェントだけです。

転職エージェントを利用する方法

各転職エージェントのサイトに、会員登録の申込みページがあるので、そこから申込みます。

利用料金は、どの転職エージェントも完全無料です。

登録後、担当者となるキャリアアドバイザーから連絡が入ります。

面談をする日程を決め、キャリアアドバイザーと面談をします。

自分が行なった自己分析を伝えるのが、この面談です。

この面談の中で、キャリアアドバイザーは、あなたの気づかなかった潜在的可能性やさらなる売り込みをかけられる新しい面を見つけてくれることもあります。

自分の市場価値を話し合うこの面談は、これからの転職活動の基礎となります。

キャリアアドバイザーに真剣に向き合ってもらうためにも、事前に自己分析をしっかり行なってください。

また、結婚や出産のことも視野に入れているなら、時短や休暇制度などのサポートが整っている企業を希望していることも併せて伝えておきましょう。

面談後の流れ

面談の中で、いくつかの企業を紹介されます。

それを比較検討し、自分に合うものがあれば、その求人に応募します。

キャリアアドバイザーから履歴書と職務経歴書の書き方のレクチャーを受けます。

書類選考の通過率は、一般に1~3割と低いので、ここの書き方が転職活動を長引かせない重要なポイントです。

キャリアアドバイザーは、出来上がった書類に合わせて、アドバイザー自身が書いた紹介状を添えて、書類を提出します。

書類選考を通過すれば、面接です。

キャリアアドバイザーと面接対策をします。

内定が決まれば、現職の退職手続きを行ないます。

キャリアアドバイザーから円満退職の方法をレクチャーしてもらいます。

先ほども書いたように、年収交渉や待遇交渉はキャリアアドバイザーが行ないます。

キャリアアドバイザーが合わなかったら

自分とキャリアアドバイザーの相性が合わなければ、変更を申し出てください。

仲介業者が壁となって、転職活動がうまくいかなければ本末転倒です。

キャリアアドバイザーの変更はよくあることなので、感謝の言葉を添えつつ他の人の意見も聞きたいので、と言えば、変更してくれます。

どの転職エージェントに登録する?

現在、転職エージェントは数百とあり、そのすべてを取り上げることはできません。

また、ここで取り上げるものも、人により合う合わないが必ずあります。

合わない、と感じたら、あまりぐずぐずせず、キャリアアドバイザーの変更や転職エージェントの変更をしましょう。

以下に、女性の評判がいい転職エージェントを紹介します。

転職活動の期間を短くしたいなら、2社か3社を同時登録することをおすすめします。

パソナキャリア

この会社の理念は「利益追求によって、人の人生を不幸にすることがあってはならない」というものです。

この経営理念のおかげか、パソナキャリアは企業寄りではなく、求職者寄りの支援サービスをしてくれます。

「面談でじっくり話を聞いてくれる、私という個を見てくれる」という口コミが多く、顧客満足度が非常に高い転職エージェントです。

女性の転職支援に40年近くの経験があり、結婚・出産といった女性特有の悩みにも、求職者目線でサポートできる体制が整っています。

早く転職を決めるようにと急かされることはありません。

求人数は、業界大手のリクルートエージェントやDODAには及びませんが、求人情報の質が高く、パソナキャリアしか提供していない独占求人も多数あります。

独占求人と自分の条件が合っていれば、ライバルの非常に少ない求人に応募できるので、内定をもらえる確率が格段に上がります。

もちろん人によりますが、書類選考の通過率が5割弱、10社で4社くらいの方もおられます。

通過率は3割でも良いほうと言われているので、この数値はかなりのものです。

パソナキャリアからの推薦ならという、企業側の信頼の証とも言えます。

転職活動を始めるときには、まず登録しておきたいエージェントです。

対応職種

営業/IT・Webエンジニア/電気・電子・機械・化学エンジニア/クリエイティブ(専門職)/金融・不動産金融・コンサルタント/医療・医薬・バイオ・食品専門職/Web・インターネット・ゲーム/マーケティング/企画・人事・総務・経理・事務/販売・流通・サービス関連/不動産・建設・土木関連

求人の対象地域:首都圏/東海圏/関西圏

公式サイト
パソナキャリア

DODA(デューダ)

リクルートエージェントと並ぶ業界の雄で、公開・非公開合わせて15万件以上の求人数を誇ります。

口コミで「面談が流れ作業的・機械的」と言われやすい対応ですが、まずは量、多くの求人の中から自分に合うものを見つけたいというタイプの方であれば、DODAは登録しておくべきエージェントです。

女性の転職に力を入れており、定期的に女性を対象にしたキャリアセミナーを開くなど、キャリアアップを真剣に考えている女性を強力にサポートしています。

マネジメントポジションで活躍したい人やキャリアアップのための制度がある会社で働きたい人、ワークライフバランスを考えて働きたい人向けの求人が多数あります。

対応職種

営業/企画・管理/IT・通信/電気・電子・機械・自動車/メディカル・化学・食品/建築・土木/専門職(コンサルタント・金融・不動産・流通)/クリエイティブ/販売・サービス/その他

求人の対象地域:全国

公式サイト

ワークポート

近年、勢いを増している中堅のエージェントです。

元々、IT関係に特化した転職サポートをしていたので、今でもこの分野では大手に負けない、優良案件が数多く揃っています。

IT関係というとエンジニア専門というイメージがありますが、当然営業は必要ですし、販売や事務の仕事もあります。

この業界で現職のスキルと経験を活かしてみたいという方は、登録必須です。

サポートする業種は拡大しており、IT以外にもメディカル、飲食、商社、運輸、金融、メーカー、不動産など、さまざまな業種が対応可能です。

大手に比べると利用者がまだ多くないので、今なら細かいサポートを受けられるチャンスです。

口コミでも「手厚いサポートが受けられる」とおおむね好評価です。

対応職種

ソフト開発・システムエンジニア系/クリエイティブ系/ネットワーク系/サポート系/研究・製品開発・品質・評価系/コンサルタント・プリセールス系/ゲーム関連/ものづくり系エンジニア/金融・保険・証券/建設・土木/不動産/営業系/事務・管理系/企画系/マーケティング・プロモーション系/役員/販売・サービス系/薬剤師/その他専門系/未経験・第二新卒系/その他

求人の対象地域:全国

公式サイト

自分でも求人を探したいなら

求人探しをすべて人任せにしたくないという方なら、転職エージェントに登録するとともに、転職サイトにも登録しておいて、スカウトメールを待つという戦略があります。

リクナビNEXTスカウトサービス

リクナビNEXTの中に、リクナビNEXTスカウトというサービスがあり、利用者は匿名でレジュメ(プロフィールや職務経歴など)を公開できます。

企業の人事採用担当者や転職エージェントのキャリアアドバイザーが、レジュメに興味を持てば、直接その求職者にオファーメールを送ります。

企業からの面接申込み・説明会の案内・求人情報や転職エージェントからの登録案内などが届きます。

手順としては、以下の方法で利用するのが理想的です。

  • リクナビNEXTに登録
  • 登録後、リクナビNEXTスカウトサービスを受けるためのレジュメ登録を促してくるが、いったんスルーする
  • 転職エージェントに登録し、履歴書や職務経歴書の書き方指導を受け、スキルを上げる
  • スキルを上げたあと、レジュメ登録をする

こうすれば、「この人に会ってみたい、話してみたい」という気持ちにさせる読んでもらえるレジュメを作成できます。

レジュメは匿名公開なので、氏名・メールアドレス・住所・電話番号・勤務先名など、個人を特定できる情報は、誰にも公開されません。

また、今の勤務先や取引先企業などを「オファー拒否」に設定しておくと、それらの企業はあなたのレジュメを見ることはできません。

リクナビNEXTスカウトサービス
既婚女性向け

転職を成功させるために

転職を成功させるには、転職エージェントを上手に利用してください。

そのためには、最初の面談でどれだけ深い話し合いができるかがカギです。

自己分析をしっかり行なってから面談に臨みましょう。


レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する

平均:  
 0 レビュー