【20代既卒第二新卒】UZUZカレッジで安定職種インフラエンジニアへ


UZUZ(ウズウズ)という転職エージェント会社を知っているでしょうか?20代の既卒者・第二新卒者を対象にした転職サービスをしている会社です。

東京を中心に事業を展開しており、社員全員が既卒・第二新卒というユニークな一面を持っていて、既卒・第二新卒者の悩みにしっかり寄り添ったサポートができることを強みにしています。

そのUZUZが20代の若者を対象に「ウズウズカレッジ」というエンジニアスクールを運営しています。

スポンサーリンク

UZUZカレッジが目指すところ

多くの既卒・第二新卒者、そしてフリーターが「自分には強みがない」という悩みを抱えています。強みがないと思っている人に強みを与えてあげること、これがこのスクールの目的です。

強みができると人は自信がつき顔つきも変わってきます。人との接し方にもそれが表れ、結果として面接での好印象につながります。

強みがあるかないかで人生が大きく変わるという事実を真剣に受け止められる人がUZUZカレッジに入校しています。

就活1ヶ月で内定がもらえる

UZUZカレッジに入校した多くの人が約1ヶ月ほどで就職を決めています。最初の2週間で社会人として必要なビジネススキルを学び、残りの2週間でエンジニアとして必要なスキルを勉強します。

実践的なスキルを学び始めると、それと並行して就活サポートが入り、4週間目が終わる頃には内定をもらっているという流れです。

インフラエンジニアの基本スキルが身につく

UZUZカレッジではインフラエンジニアになるためのスキルを学びます。

インフラエンジニアとは縁の下の力持ち的存在で、私たちが普段何気なく使っているネットワーク環境を快適に使えるよう整備するエンジニアです。

電気や水、ガスなどと同じく、ネットワークは今ではなくてはならない生活インフラの一つなので、この仕事がなくなることはありません。かえってその必要度は今後ますます高まっていくことでしょう。

これからはますますIoT化が進み、あらゆるものがネットワークとつながるという状況になるでしょうし、ゲーム業界でもネットワークを介したオンラインゲームが主流ですから、どの業界においてもインフラエンジニアの必要性は高まっています。

インフラエンジニアには大きく設計、構築、運用という3つの業務形態があり、未経験だとネットワークの運用・保守・監視の仕事から始めて構築や設計へと段階を踏んでいきます。

UZUZカレッジではIT関係の仕事をする人にとっての基本的資格である「ITパスポート」、インフラエンジニアとして認められるための最低必須資格である「CCNA」取得のための学習を通して、ネットワークやサーバー、データベースに関する知識を学びます。

UZUZカレッジの入校条件

UZUZカレッジは東京渋谷区にあるので、そこまで毎日通えることと20代であること。ホントこれだけです。

UZUZカレッジは受講料が0円

ビジネススキルだけでなく、実際の仕事に必要な基本スキルを学べるカリキュラムをすべて無料で受講できます。

通常どこでもエンジニアコースはそれなりの受講料を払うのが一般的ですので、受講料が無料というのは就職を考えている人にとってはかなりのコストダウンです。

また就職に対してこれまでなかなか重い腰が上がらなかった人にとっても、「無料だしちょっと受けてみようかな」という感じで就職の橋渡し的存在として利用できる気軽さがあります。

就活サポートも無料で受けられる

スキルは学んだけど就活は自分でしないといけないとなれば、結構ハードルが高いですよね。UZUZカレッジでは就活サポートも同時に受けられます。

模試面接の実施、キャリアアドバイザーとの話し合いを通しての強みの再発見、書類選考なしの合同面接会など、就活にトラウマがある人でも最短で内定が取れる工夫がなされています。

卒業生の中にはIIJに入社した人も

格安SIM大手であるIIJmioを事業展開している「IIJエンジニアリング」に就職している卒業生もいます。

この会社はネットワーク運用が業務内容のため、ネットワークの基礎を学んで業務イメージをしっかり持って入社してくるUZUZカレッジ卒業生が高く評価されています。(マッチング率が高いということ)

インフラエンジニアという仕事

これからの社会においてインフラエンジニアはなくてはならない存在です。社会の役に立つという意味のおいてはその重要度はますます重みを増していくでしょう。

これまでは自分は何の役にも立たない、自分には何の価値もないと思って生きてきたとしても、これからは自分のすることに誇りと自尊心をもって歩んでいくことができるでしょう。

その第一歩としてUZUZカレッジに入校して自分の人生を新たに切り開いていってください。