在宅ワークの疲れを取るストレス解消法

在宅ワークが広がり、多くの人々が自宅やカフェなどで仕事をするようになりました。通勤時間がなくなるなどのメリットがある一方で、在宅ワークによるストレスも問題視されるようになっています。

本記事では、ストレスの要因となるものは何か、また在宅ワークでのストレス解消法を紹介します。ストレスを軽減し、充実した在宅ワークライフを送るためのヒントを見つけてください。

在宅ワークでのストレス要因は?

在宅ワークは通勤時間がなくなり移動費用を削減できるなどのメリットがある反面、以下のような要素が原因でトレスを抱えてしまうことがあります。

仕事とプライベートの境界線が曖昧に

自宅で仕事をすることが多いため、仕事の時間に制限がなく、いつでも仕事ができるという認識が働いたり、仕事とプライベートの切り替えがうまくできなかったりして、休息や自己ケアがおろそかになりがちです。

休息が取れないと疲れが溜まります。仕事時間外でもメールや電話が来ることもよくあり、自分の時間が取れないことからくるイライラや仕事から解放されない感覚がストレスを引き起こします。

孤独感や社会的孤立感

職場では同僚や上司、クライアントとリアルに付き合い、コミュニケーションを取りながら仕事を進めることができます。しかし、在宅ワークではそのような交流が減って1人で働くため、孤独感や社会的な孤立感を感じやすいといえるでしょう。

孤独感が続くと、心理的ストレスが増大し、不安症やうつ病などの精神的疾患を抱えてしまうことがあります。また、やる気や集中力の低下、情報収集や共有が不十分になることで生産性が下がることもあるでしょう。

コミュニケーション能力の低下も懸念されます。公の場でのコミュニケーションが不慣れになり、人と接することそのものに不安を感じるようになるかもしれません。

家でのストレスがダイレクトに

在宅ワークでは家族やペット、住宅環境などがダイレクトに仕事に影響を与えます。たとえば、家族やパートナーとの人間関係、居住空間の狭さ、子供の世話や介護、家事との両立の難しさなどです。

日常生活のなかで仕事をするという状況ゆえに、集中できず仕事が思うように捗らない、外がうるさく快適に仕事ができないといった悩みを抱えることがあります。

モチベーションの低下

在宅ワークは、職場で働くよりも自由度が高い反面、1人で仕事をするため自己管理能力が問われます。また、新しい刺激の乏しさがモチベーションに影響することもあります。

モチベーションが低下すると、仕事に対する意欲や興味が薄れ、質の低下や納期の遅れといったネガティブな要素に強く出てくることが考えられます。こうしたことが続くと、仕事を回してもらえなくなる可能性が高くなるので、仕事のプレッシャーが増加し、不安や緊張感も強くなります。

在宅ワークでのストレス解消法

在宅ワークでのストレスを軽減したり解消したりするために、以下の方法を試してみてください。

ルーティンを作る

時間を意識しない生活が続くと、生活リズムが崩れ、モチベーションも低下しがちです。毎日決まった時間に起きる、朝食をきちんと取る、仕事を始める時間と終える時間を決める、仕事の合間に休息時間を入れるといったルーティンを作ることで、時間管理がしやすくなり、ストレスの軽減につながります。

運動やストレッチをする

在宅ワークでは同じ姿勢で長時間作業することが多いため、血流が悪くなって肩や首、腰が痛くなることがあります。意識的に休憩時間を作り、運動やストレッチを行って体をリフレッシュさせましょう。

ラジオ体操は自宅で簡単にできる有酸素運動とストレッチを兼ねた全身運動体操です。ほかにも、腕立て伏せやスクワット、腹筋などの筋力トレーニングや、ウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動を取り入れると生活習慣病の予防、リラックス効果を期待できます。

友人や家族とコミュニケーションを取る

在宅ワークは1人で作業することが多いため、孤独感を感じやすい環境にあるといえます。孤独感はストレスの主要原因なので、親しい友人や家族と定期的に会話することを心がけましょう。

ランチタイムや休憩時間に家族や友人とビデオ通話をする、週末は会いに行く、趣味やスポーツを一緒に楽しむなど、人との関わりをもつように努力します。

人と一緒にいることは気持ちをリフレッシュする効果がありますし、1人では発見できなかった新しい気づきを得られる可能性も高くなります。

趣味の時間やリラックスタイムを作る

仕事とプライベートの境界が曖昧になりやすい在宅ワークでは、趣味の時間やリラックスタイムを作ることが長期的に仕事をこなしていく秘訣です。

プライベートの時間には仕事に関係したことを一切入れないようにしましょう。読書や映画鑑賞、音楽鑑賞、料理、スポーツなど、自分の好きなことに集中できる時間と空間を作ります。

リラックスタイムを取ることは、仕事に集中するためのエネルギーを補充するという意味でも大切です。ワークライフバランスをしっかり保ちましょう。

自己ケアをしっかりする

在宅ワークでは運動不足や不規則な食生活、睡眠不足など自己ケアがおろそかになりがちです。これら健康面の問題はストレスを増大させ、生産性を低下させます。

睡眠時間は十分に取りましょう。睡眠不足では高いパフォーマンスを発揮できません。睡眠の質を高めるために、寝る前にスマートフォンを見ない、暖色系ライトにしてリラックスするなどの工夫をしてください。

食事や水分補給にも気を配りましょう。栄養バランスの良い食事を心がけ、こまめに水分を取り、体調管理をしっかり行なってください。

ワークスペースを確保する

自宅で仕事をする際は、プライベート空間とワークスペースを分けることが大切です。ワークスペース以外では仕事をしないようにすることで、プライベート空間がストレスフルな場所になることを防げます。

たとえばワンルームで仕事をするときでも、仕事用の机や椅子を準備し、部屋の一角を「ワークスペース」として切り分けるようにします。

ワークスペースには、仕事に必要な道具がすべて揃っているようにします。そして、きちんと整理整頓しておきましょう。作業効率が上がり、集中して仕事に取り組むことができます。

インターネットやSNSの利用を制限する

仕事中の不要なネット検索・閲覧、SNSチェックは集中力の低下を招き、時間の浪費になります。仕事に集中するために、パソコンを仕事用とプライベート用の2種類用意する、プライベート用のSNSアカウントは特定のデバイスからしかアクセスしないなどの自己管理をしましょう。

長時間インターネットやSNSを利用するのは体にもよくありません。定期的に目を休め、体をほぐし、疲れを溜めないようにしましょう。

自己肯定感を高める

仕事に追われるスケジュールは振り返りの時間が少なくなり、モチベーションの低下につながります。次から次へと仕事するのではなく、納品したあとは達成感を味わう時間を取りましょう。そうすることで自己肯定感が高まり、次の仕事への意欲も出てきます。

目標を設定して、それを達成することも自己肯定感を高めるのに役立ちます。たとえば1日の作業をいくつかのタスクに分け、それを順次クリアしていきます。1か月、半年、1年などの中長期目標を立て、その目標を達成するためのロードマップを作成してみるのもいいでしょう。

まとめ

在宅ワークは自宅での仕事が多いため、ライフワークバランスが崩れてしまうと、容易にストレスを抱え込んでしまいます。

この記事ではルーティンを作ること、運動やストレッチをすること、コミュニケーションを大切にすることなど、ストレス解消に役立つ方法を取り上げました。モチベーションの低下を防ぐために、自己ケアも大切です。どうぞ、心身ともに健康なワークライフバランスを手に入れてください。

在宅ワーク
記事を書いた人

認知症介護3年目。

お読みくださりありがとうございます。
分かりにくかった点がありましたら、コメント欄にご記入いただければ嬉しく思います。今後の改善に繋げたいと思います。

加えて、役に立ったなぁと思えた点がありましたら、一言添えていただければとても励みになります。よろしくお願いいたします。

あわかたblog

コメント

PR

ちょっとした気遣いある言葉で人間関係に変化が生まれます。

  • ちょっといいですか→10分ほどお時間ありますか
  • つまらないものですが→気持ちばかりですが

言いかえ図鑑」仕事や介護などあらゆる場面で役立つ