相手の目や顔を見て話さないと聞いてくれないし伝わらない


相手を見て話す、話し方の基本としてよく取り上げられます。

上手な話し手は、「相手を見て話す」という基本を守ります。

相手を見て話すメリットは何でしょうか?

スポンサーリンク

相手への尊重を示せる

目を見ることによって、相手を尊重していることを示せます。

しかし、相手を威嚇するような目、攻撃的な目をしてはいけません。

穏やかな目をしましょう。

話の重要性を示せる

話に対する確信を話し手が表わないと、相手を納得させることはできません。

相手の顔を見て話すことによってそれができますし、いま話している内容が非常に大切なものであることも示せます。

聴衆の反応が分かる

至って当たり前のことですが、相手を見ることによって表情や態度を観察できます。

観察して初めて分かることがたくさんあります。

下ばかり見ていたら、それはできません。

顔を見て話す時には

相手の顔を見て話すのは大切ですが、見すぎるのは禁物。

適度に視線を外しましょう。

話し始めの注意点

話し始めは緊張するので、すぐに話そうとしてはいけません。

話す前に一呼吸を置きます。

この一呼吸が「今から話します」という合図になり、相手も心の準備ができます。

このとき笑顔を浮かべましょう。

話している間は

この一文はあの人に、この一文は別のあの人に、という風に話す対象を少しずつ変えながら一人ひとりに話しかけます。

話のキャッチボールをしましょう。

相手はこちらの話を”キャッチ”しているでしょうか?

相手の表情や態度をよく観察しましょう。

観察すれば、話の途中で少し長めの休止を置いたり、具体例を引き合いに出したり、と話に変化をつけることができます。

原稿を見ながら話すときも

原稿は話の助けになりますが、妨げともなります。

それで、原稿を見る時を決めておきます。

概要をしっかり頭に入れ、原稿を見なくても話ができるよう練習しましょう。

あとがき

相手の顔を見て話すのは話の基本です。

最初はなかなか思い通りにいかないかもしれませんが、あきらめず頑張ってみてください。

あと、笑顔も忘れずに。


スポンサーリンク

シェアに感謝します

フォローに感謝します

スポンサーリンク