仕事/転職/再就職/派遣/一覧

職場では、本当にたくさんのハラスメントが存在します。日々その問題と向き合わなければなりません。

パワハラ、セクハラ、モラハラ、さまざまなハラスメントが幅を利かせています。

嫌がらせは、ほぼすべて感情に由来します。

ゆえに、解決が難しいとも言えますが、転職を含め、自分の仕事環境をよくする方法を考えます。

ジタハラ対策:業務時間内に仕事を片付けるために紙の手帳を使う

働き方改革によって時短ハラスメント(ジタハラ)という言葉が生まれています。限られた時間内で業務をこなすことがこれまで以上に求められている中で、どのようにストレスを減らしつつ業務効率化を図れるでしょうか?

アパート・賃貸マンション建設会社のパワハラに見る人間性の低さ

アパート・賃貸マンション建設の大手会社で働いていた男性が上司からパワハラを受けてうつを発症し退職。この事例から見るパワハラをなくすために必要な人間性を考えます。

職場いじめで転職や休職退職の薬剤師の求人はファルマスタッフで

職場でいじめやハラスメントに遭って転職したい方、休職中・退職した方は転職支援サイトのファルマスタッフで新しい職場を探しましょう。転職支援サービスが充実、職場環境の事前リサーチも万全。

山形大で今度は研究施設センター長による職員へのパワハラ疑惑

山形大の研究施設センター長によるパワハラ疑惑。今回表沙汰になったのはなぜ?パワハラに遭ったらどうやって自分の身を守る?なぜパワハラはなくならないのか?その根本原因は?

パワハラによる退職を会社都合退職にすると転職に不利?

パワハラやモラハラ、セクハラなどのハラスメントを理由にした退職を自己都合退職ではなく会社都合退職することができます。しかしそうすると転職活動が不利になるでしょうか?

職場でモラハラを受けてもなかなか転職できないそのワケとは?

職場でモラハラに遭っているならさっさと辞めて転職すればいいのにと思う人がほとんどでしょう。しかし多くの人が転職したくてもなかなかすぐには転職できません。その理由を探ってみましょう。

WEB業界に転職するのに必要なスキルと職種-求人倍率(17年9月)

2017年9月求人倍率です。インターネット/WEB業界の求人が引き続き多く、この業界への転職を考える人も増えています。WEB業界の職種とは?それに求められるスキルをどうすれば身につけられるでしょうか?

ダメ上司がしてしまう部下のモチベーションを下げる会議の進め方

仕事をしていると会議が必ずありますが、進め方次第で部下のモチベーションは上がることもあれば下がることもあります。部下のモチベーションを下げるダメ上司の会議進行とはどんなもので、それをどう改善すればいいかが分かります。

転職の重要評価条件であるヒューマンスキルの身につけ方教えます

転職にはヒューマンスキルが必須です。今の職場から早く離れたいとしてもスキルを上げておかないと、転職活動はなかなかうまくいきません。今ヒューマンスキルをあげることが転職を成功させるカギです。

若いからね、若いんだからはパワハラ?エイジハラスメントの対処方法

若いんだから、若いからねぇ、一度は言われたことが誰でもあります。これってパワハラ?エイジハラスメントの一つである若いことを攻撃するこの嫌がらせにどう対処していますか?

次の仕事を探す派遣会社を変える前にマージン率を調べておく

派遣会社を変える前にマージン率を知っていますか?派遣会社はあなたの労働が生んだお金からマージンを引いた分を給与として渡します。マージン率をきちんと公開している派遣会社で次の仕事を探しましょう。

新食感の蒸気で蒸すバルミューダ炊飯器BALMUDA The Gohan開発秘話-ガイア

バルミューダ炊飯器BALMUDA The Gohanはこれまでのものとはまったく違う新しい炊飯器です。その開発担当になったのは、一人のソフト開発エンジニア。家電開発は初めてという彼がどのようにして新しい常識を作り出したのか見てみましょう。

マリハラいらない!結婚せずとも人生を楽んでいる独身女性

いろいろな理由がありますが「結婚が幸せのカギ」とは思えない今、結婚に魅力を感じない女性が増えています。そんな彼女たちに対するマリッジハラスメントも後を絶ちません。今は結婚しないという選択肢を選んでいる独身女性が人生を楽んでいる方法をご紹介します。

働き方改革!労災問題になる長時間労働・過労死から幸せ労働へーカンブリア

ブラックからホワイトへ!"働き方革命"最前線(カンブリア宮殿)。過労死という言葉を聞いて久しくなりますが、いまだ長時間労働はなくなりません。働き方を変えて業績もUPさせた企業に注目します。

転職先にベンチャー企業は将来不安定?こういう人が向いている

ベンチャー企業のイメージって人それぞれですね。ベンチャー企業で働くのに向いている人向いていない人っているのでしょうか?いまは考えていないとしても、どんな人材がベンチャー企業に合っているのか知っておくと将来の転職活動に役立ちます。